書籍

法(のり)の花ごころ

法の花ごころ 弁護士 女性 離婚 遺言 財産 親権 湯川久子 石風社
四六判並製285頁
定価:本体価格1200円+税
1990/05/10発行
booktitle
法(のり)の花ごころ
zeikomi
¥0円


弁護士の眼(まなざし)

booktitle
法(のり)の花ごころ
zeikomi
¥0円

これから結婚するひと、結婚しているけれど、一度は離婚も考えたひとへ。女性弁護士からの心のこもった知恵とアドバイス

目次紹介- 抜粋 -

◉親権・遺産・遺言
  〝親権〟という壁  届かぬ養育料  死因贈与  養子縁組をしていれば  後妻の連れ子  欲が過ぎると……  最後の遺言状  夫の再婚 ほか
◉世相さまざま
  サラ金  訪問販売  心がつくりだす病気  酔っぱらいの法  『ザ・レイプ』  国際養子縁組  裁判などにしたくない  ある日、わが子が  子育てはむずかしい ほか
◉わが心の鏡
  「主婦」弁護士  セクシュアル・ハラスメント  女の役割  ある素顔  弁護ぶり・依頼ぶり  親だけができる教育  中国の男性 ほか
◉昭和の子供
  あおい山脈  引き揚げ  父の役割  司法試験  慟哭のうた  弁護士開業  能楽堂 ほか

湯川久子

ゆかわ・ひさこ

booktitle
湯川久子
zeikomi
¥0円
ゆかわ・ひさこ

1957年4月、九州初の女性弁護士として福岡市で開業。1958年1月より福岡家庭裁判所調停委員ほか各種審議会委員等を歴任。
著書に『わたしは主婦弁護士』『離婚読本』『法(のり)の花ごころ──弁護士の眼(まなざし)』『年々去来の花──弁護士の手帖』がある。