書籍

酒のある風景

酒のある風景 吉野公信 石風社 エッセイ アルコール 美酒 酒飲み
174頁 四六判並製
4-88344-135-0
定価:本体価格1200円+税
2006/05/25発行
booktitle
酒のある風景
zeikomi
¥0円


booktitle
酒のある風景
zeikomi
¥0円

花はあっても美しい花という花はない。酒にも美味しい酒という酒はない。だが美味しい酒を飲むことはできる。某年某月某日、そこには酒があった。某氏の歩みがあった──。酒をめぐるエッセイ集。

目次紹介- 抜粋 -

試酒  始酒  嬉酒  惑酒  遠酒  疑酒  粋酒  戯酒  奇酒  魔酒
懐酒  和酒  鮮酒  談酒  冷酒  旨酒  斉酒  島酒  潮酒  神酒
国酒  歌酒  流酒  白酒  西酒  地酒  呆酒  遇酒  訓酒  歓酒
独酒  類酒  憂酒  義酒  暇酒  棒酒  想酒  枯酒  悦酒  喩酒
顧酒  

吉野公信

よしの・きみのぶ

booktitle
吉野公信
zeikomi
¥0円
よしの・きみのぶ

1933年生まれ。東芝総合研究所で原子力関係の技術開発、九州支社で電力関係の営業に携わる。
1990年東芝システムテクノロジー(株)取締役。1998年退社。
日本学術会議、電気学会元会員。
著書 『隔世の感』『余白のとき』