サケが魚でシャケは切り身

booktitle
サケが魚でシャケは切り身
zeikomi
¥0円

シェフ:フジムラ
ごちそう:豚トロの石盤焼き韓国風、ゴーヤサラダ、イカのトマト煮バジル風味(隠し味はマヨネーズとタバスコ)、スパゲティ、ゴーヤちゃんぷるー、パン6種

新刊『サケよ ふるさとの川へ』の話になったとき、文子姉が「サケが魚でシャケは切り身」だと教えてくれた。なんとなくそんな気がしていたけど、やっぱりそうだったのか。
小社にはすでに『餃子ロード』『あかるい黄粉餅』『ゆめのタマゴ』というタイトルの本があって、「餃子5に黄粉餅3」なんて注文をいただいたりしていたが、新メニューの出来上がりです。どうぞよろしくお願いします。
シャケの話題は続き、先週、屋台で飲んでいてある瞬間から次の朝までの記憶が全くなくって、それでもちゃんと家に帰ってコンタクトをはずしてパジャマに着替えて寝てたんだからすごいよね、という私の話に、「生まれてきた川に帰るシャケと一緒」「そうそう、本能だよ、これ」「脳みその内っ側しか使ってないよね」とみんなで笑っていたら、亭主が一言「そりゃ、アルツハイマーじゃ」。えっ? そうなんですか?? 常々プラックアウトはやばいよなあ~とは思っていましたが……。
本日は娘の遠足で弁当を作らねばならなかったので11時半に退亭。イシバシの車に乗せてもらい、二人でテレサ・テンのCDと一緒に歌いながら帰った。