著者

藤田洋三

(ふじた・ようぞう)

booktitle
藤田洋三
zeikomi
¥0円
ふじた・ようぞう

1950年大分県生まれ。写真家。
雑誌「左官教室」に「鏝絵通信」を連載。ライフワークとして、全国の土壁、石灰窯、藁塚の撮影と取材を続けている。
著書『近代建築史・ゲニウス・ロキ』(編著、産研出版、1993)、『消え行く左官職人の技・鏝絵』(小学館、1997)、「大分の昆虫」(私家版1994)、『小屋の力』(共著、ワールドフォトプレス、2001)、『鏝絵放浪記』(2001)『藁塚放浪記』(2005)『世間遺産放浪記』(2007、ともに石風社)がある。

◉トークやります〜「藤田洋三の出前講座」講演先募集中!

これまで、藤田洋三氏は長年ライフワークとして追いつづけてきた鏝絵(こてえ)の話を始め、左官職人の話、道具の話、素材の話、建築の話などなど、さまざまなテーマでお話しをしてきました。
また近年では、地域と風土の魅力を再発見するために集った各地の自治体やグループなどからの依頼も増えています。
講演をご希望の方は、仲介をいたしますので、石風社(電話 092-714-4838/メールstone@sekifusha.com)までご連絡ください。

◉大分を始め、地域の歴史を語る写真ほか膨大なアーカイブがあります

藤田洋三氏の写真事務所では地元大分を中心に、これまで誰も興味をもたなかったような独特のテーマでたくさんの写真を撮影・所蔵しています。
たとえば・・・・
 1)全国の鏝絵
 2)地元大分・別府の近代建築群
 3)全国の木製アーケード街
 4)九州の昆虫
 5)昭和の雑貨・玩具
などなど。他にもさまざまなテーマがあり、目下整理中です。
こちらも仲介をいたしますので、石風社(電話 092-714-4838/メールstone@sekifusha.com)までご連絡ください。