著者

平山武章

(ひらやまたけあや)

booktitle
平山武章
zeikomi
¥0円

明治42(1909)年、種子島西之表市に生まれる。大正8(1919)年、満州大連に渡り、大連一中卒業。のち満州国立緑園学院で、女真族の歴史、民俗を研究した。東京「詩の家」および「歌謡詩人」に参加。昭和12年(1937)『成吉思汗は斯く言えり』出版。昭和17年(1942)年より満州国治安部調査股に勤務。昭和21(1946)年、引き揚げ後、西之表市・農業高等学校、榕城中学校の教員を経て市教育委員会勤務。同時期、種子島郷土史について文章を記す。昭和46(1971)年『鉄砲伝来記』出版、昭和58(1983)年『ふるさとの想い出・写真集〈明治大正昭和〉西之表』の編者。西之表市文化財保護審議委員、同選挙管理委員、同文化協会長、同社会教育委員、同図書館協議会委員を務める。種子島の歴史、民俗研究の第一人者。他の編著書に、『西之表市百年史』『わたしたちの種子島《民俗編》』『同《歴史編》』がある。1994年没。



コメントは受け付けていません。