書籍

父の話法

父の話法 丸山泉 いまどちらを 石風社 丸山 泉 豊 詩人 谷川 雁 森崎 山本 源太 医師 久留米 母音 エッセイ
330頁 四六判上製
978-4-88344-185-3
定価:本体価格1800円+税
2010/05/01発行
booktitle
父の話法
zeikomi
¥0円


booktitle
父の話法
zeikomi
¥0円

ビルマ戦から帰還した父は、医師であり、詩人・丸山豊であった。その周りには、谷川雁をはじめ錚々たる詩人が蝟集した。父亡き後、その記憶の中の言葉が静かにたちあがる。(まえがき=山本源太氏)

目次紹介- 抜粋 -

「父のつぶやきの言葉がきこえる」山本源太
「バランスの人」前沢政次
雨の名前・辛み大根細千切り仕立て冷やし蕎麦・ひいらぎで珈琲
バス停にて・ラニ族の指・肴は「あぶってかも」です・美しい国日本
縄文杉・知識人とは・ユタの教え・僕と音楽
炭鉱の島・忘れ得ぬ患者Mさん・膀胱がん・季節外れのお年玉
牛のよだれ・摂氏三十七度・板門店・初めてのニューヨーク
源太さん・詩人の手・作家の前ボタン・陰膳
父の話法・日記を開く・母の結婚・相方との出会い・おもいでに続くもの、ほか

丸山泉

まるやま・いずみ

booktitle
丸山泉
zeikomi
¥0円
まるやま・いずみ

1949年、福岡県久留米市生まれ。医師。
著書に『いまどちらを向くべきか』『父の話法』がある。