書籍

ノンフィクション既刊
発行日▼50音順▲
 (95件中) 41〜50件目
ihumon_cover_web
booktitle
『地球を翔た異風者』
zeikomi
¥0円
『地球を翔た異風者』

booktitle
『地球を翔た異風者』
zeikomi
¥0円

佐賀にひとり桁はずれの漢がいた 日本人としての矜持を胸に、常識に抗いつつ、その目をアジアにむけ続けた、五十七年の破天荒な生涯   アジアシンポジウムで、武夫はタイのソーシャルワーカーの発言を耳にし、心臓に氷の突 …

  • A5判上製340頁
  • 978-4-88344-280-5
  • 定価:本体価格2700円+税
  • 2018/06/15発行
地域に図書館はありますか?

だれでもいける いつでもいける あるいていける 図書館が欲しい。大切な地域の、大切なくらしの、大切な未来のために、ぜったい必要なんだ。

  • A5判並製127頁
  • 978-4-88344-166-2
  • 定価:本体価格1200円+税
  • 2008/07/25発行
ダラエヌールの子供たち

現地に行かなければ、何も始まらない──


アフガニスタンのダラエヌール渓谷、その小さな村で青年はくらしていた。長い戦乱と、終わりのない旱魃。村人は黙々と畑を耕し、子供たちは微笑を失わなかった。──青年は、農作業の傍ら、村人と子供たちの写真を撮り続けた。──それは、沈黙する大地の啓示のように遺された。

  • 117頁 255×245ミリ
  • 978-4-88344-178-5
  • 定価:本体価格2500円+税
  • 2009/09/10発行
ダラエ・ヌールへの道 中村哲 ペシャワール 中村 哲 ダラエ アフガニスタン 石風社 アフガン らい イスラム ハンセン病 NGO 国際化
booktitle
ダラエ・ヌールへの道
zeikomi
¥0円
ダラエ・ヌールへの道

アフガニスタンの山岳地帯の村々に診療所建設を展開するひとりの日本人医師が、現地との軋轢、日本人ボランティアの挫折、自らの内面の検証等、血の噴き出す苦闘を通してニッポンとは何か、「国際化」とは何かを根底的に問い直す渾身のメッセージ

書評

一知半解の事情通に対する痛烈な批判

山内昌之
東京大学教授、歴史学

「アフガニスタン──それは光と影です」
 一九八四年以来、アフガン難民の医療に従事する筆者の指摘には、ずっしりとした重みがある。前著の『ペシャワールにて』に続く、アフガニスタンやパキスタン現地の人との交友と診察の貴重な記録である。最新のアフガニスタン情勢の紹介にもなっている。
 欧米や日本から来た論客やボランティアのなかには、アフガン人の難民キャンプ生活を見て、「イスラムの後進性」や「男による女性虐待に金切り声を上げる」者が多いという。こうした外国人の解釈や異文化論こそ、アフガン人の言動より「さらに解らない」というのが著者の感想である。これは、一知半解の事情通に対する痛烈な批判になっている。
「日本︱アフガン医療サービス」の主宰者であり、アフガン国内ダラエ・ヌールにつくった新診療所で文字通り生命を賭して診療を続ける中村氏には、とくにアフガン社会の解放とか救済といった気負いはない。むしろ、戦火の恐怖で言語も失った人びとの病を癒し、高熱と全身の痛みで耐えられなくなった患者に少しでも「人間」としての誇りを取り戻させる。
 中村医師の医療活動の信念は明快である。「べたべたと優しくするよりも、泣き叫びを放置して思い切り心の膿を出させる方がよい。事実と結果が最も雄弁である」。
 しかし、こうした考えは時にスタッフに大きな忍耐力を強いる。ある外国人がやってきて、「病棟の無秩序と悲惨な女性患者の境遇」を嘆いたそうである。
 しかし、中村氏は「即座にその意味が分からなかった」という。それは、「瀕死の野良犬が人間に立ち直るのを大きな希望で見てきたからである」。それでも、せっかく治癒したこのハンセン氏病患者が気管切開をして失語状態になってしまう。極限状態を経験するのは患者だけではないのだ。
 各種の会議にありがちは「無駄口と議論」への嫌悪と出席拒否も、著者ほどの体験を重ねるとまるで自然な振る舞いに思えてくる。
 どんなにつらい環境にあっても、ユーモアや余裕を忘れない中村氏の姿が随所に見いだされる。アフガン難民の治療にあたる日本人医師やレントゲン技師があまりといえばあまりの現地民の対応に怒りはじめると、唐の高僧・玄奘が仏典を求めてペシャワールあたりに来た時の言辞をさりげなく紹介する。「この地は人情が頗る悪い」と『大唐西域記』が記録しているというのだ。高僧でさえこの調子だから、「偉くもない我々凡人が簡単に解るものではない」。
仏教でいう「悪智」に陥らず、観念の格闘で終わらないようにしよう、という中村医師の勧めは、広くわれわれにもあてはまる素晴らしい警句ではないか。
 それでも、「率直さ」だけは忘れないようにしたい、というのも著者らしい。玄奘も「悪智」こそもたなかったが、率直に悪口を末代まで記している、という指摘には思わず喝采を送りたくなる。クリスマスの日、ペシャワールに出た医師は患者五〇人に「見たこともない高級の洋菓子」を土産に買って帰る。一週間の食事代にもなるケーキを暖かいストーブの側で食べながら、談笑する光景は感動的である。久しぶりに笑顔が戻った患者を温顔で見守る中村氏のシルエットが、ストーブの明かりに照らされて浮かぶようである。

  • 323頁 四六判上製
  • 978-4-88344-051-1
  • 定価:本体価格2000円+税
  • 1993/11発行
旅あるいは回帰

熊日文学賞受賞!


スペイン、ポルトガルの村や街や修道院を孤独な旅人がおとなう、魂の巡礼。……紡がれた言葉をひとつひとつ辿ると、こころのざわめきが静まる……

書評

時の重なりに漂うスペイン

古木信子
作家

 全体を通して「静けさ」が言葉を紡いでいる印象を受けた。教職を勤め終えた著者は、母親を見送った後、毎年数カ月スペイン・カスティーリャ地方のバヤドリードに住み、言語や文学を学ぶため、そこでプライベートスクールに通っている。
 この本は、その町を基点にして中世の王国であったカスティーリャ地方の修道院や遺跡、古都を訪ね歩いた記録だが、日時などは細かく記されていない。路線バスを乗り継ぎながら、何度も同じ場所に旅しているので、文が前後している場合もある。
 このエリアの殆どは、日本人など見たこともない人々が住む田舎のようだ。羊飼いの描写も多い。そしてその旅の繰り返しの中で、著者は次第にその風土や人々の暮らしに寄り添っていく。
 路線バスは、野にポツンとある乗客の家の前で停車する。降りる高校生に祖母は元気かと聞く運転手。著者に道を教えた後、心配して分かれ道まで付いてくる老人。クリスマス近いバル(食堂)で、突然歌い出す妻を失くした酔っ払いの夫と、それを囃す男たち。克明な描写はそのまま映像となって、読者の目にスペインが焼きつく。
 本の中程では、著者の憧れの詩人ヒメネスの生まれたモゲルが紹介され、彼の散文詩(吉田訳)も掲載されている。村の佇まいや乾いた気候が100年前とさほど変わらないことや、彼女の旅の日時が省かれているせいで、詩人の幼年期と今の村の有り様が渾然一体となって、時の重なりに漂っているような感じになる。この本の魅力の一つであろう。
 漂うといえば、ポルトガルの国境近くを旅していた著者は、日没時、濃い紅の雲とそれを映す湖面の照り返しで、バスの中にほの赤い光の粒子が浮遊する一瞬に遭遇するが、孤独な旅であるからこその「祝福」だったのかもしれない。
 ある村で、ロバに手をかまれてそのまま口を開けてくれるまで、一緒に歩くというユーモラスなシーンもある。著者はロバが大好きだ。

  • 四六判上製232頁
  • 978-4-88344-190-7
  • 定価:本体価格1500円+税
  • 2010/10/01発行
daijobu_cover01_olweb
booktitle
だけど だいじょうぶ
zeikomi
¥0円
だけど だいじょうぶ

booktitle
だけど だいじょうぶ
zeikomi
¥0円

三池の炭鉱社宅で育った少年が「特別支援」学校の教員になった 「障害」のある子どもたちとくんずほぐれつ心を通わせていった一教員の実践と思考の軌跡――「我在り  ゆえに我思う」    学校には、家族の愛情をいっぱい …

  • 四六判上製240頁
  • 978-4-88344-281-2
  • 定価:本体価格1800円+税
  • 2018/06/21発行
小学生 世界一周 石風社 かやの 久米 たかゆき ひかる バックパック バックパッカー
booktitle
それゆけ小学生! ボクたちの世界一周
zeikomi
¥0円
それゆけ小学生! ボクたちの世界一周

世界はともだちでいっぱいだ!


小学5年の兄たかゆきと小学3年の弟ひかる。サッカーと空手、そしてマンガとゲームが大好きなごくふつうの兄弟が、パパとママをひきつれ、355日間の世界一周バックパック旅行に出発! 家族4人力をあわせ、中南米〜アフリカ〜中東〜東南アジアまで、文化も歴史もちがう24の国々をめぐった感動の旅行記!

  • A5判並製245頁カラー
  • 978-4-88344-162-4
  • 定価:本体価格1800円+税
  • 2008/05/10発行
戦後誌 光と影 記憶 戦後 朝日新聞 西部本社 力道山 長崎 西鉄 九州
booktitle
戦後誌
zeikomi
¥0円
戦後誌

戦争直後から、がむしゃらに生き抜いてきた。ふりかえれば茫々たる光景。筑豊・水俣・海峡の力道山──

書評

事件と人々のいまを浮彫りにする書

松下竜一
作家

 戦後五十年目の今年、その半世紀をふりかえるさまざまな企画がマスコミを賑わせたが、本書もその一つといえる。朝日新聞西部本社が九州・沖縄・西中国の戦後の五十年からピックアップしたおおきなできごとを、記者の足で辿り直した記録である。本書構成の四本の柱として選んだのが〈炭鉱・水俣・原爆・沖縄〉で、そのいずれも重く深く西日本域に根を降ろしたテーマとなっている。
 このメインテーマにそって、さまざまなできごと、人物、場所が登場してくる。長崎原爆直後の報道。「長崎の鐘」の永井隆とその娘茅乃。敗戦直後の別府の町に生まれた野球チーム星野組。朝鮮人であることを最後まで秘した力道山。筑豊の子どもたち。三池闘争。炭塵爆発事故とCO中毒。水俣病。蜂の巣城攻防。指紋押捺拒否のチォエ・チャンホア、ソンヘ父娘。基地の島沖縄。基地の町佐世保。九大ファントム墜落事件。イエスの方舟。ライブハウス「照和」等々……。
 五十八歳の私にとってはどの項目をとってみても忘れ難く記憶に刻まれていることで、読みつつ「ああ、共に同時代史を生きてきたのだなあ」という感慨が尽きない。
 そんな感慨のままに私事をはさませてもらえば、私の処女作『豆腐屋の四季』は一九六九年四月に講談社から刊行されたが、石牟礼道子さんの『苦界浄土』はそれに先立つ三カ月前に、同じ編集者の手によって世に送り出されている。私は『苦界浄土』によって「水俣」と出逢い、おのが生き方を問い直されることになる。一九七〇年七月三日、東京の役者砂田明さんらが白装束で水俣へ向けての告発の巡礼行に出発するが、私が豆腐屋を廃業しペン一本の生活へと転身するのは七月九日である。小さな豆腐屋の暮らしに閉じこもっていた自分を解き放ち、おそまきながら社会へと踏み出していきたいという私の決意を促した”衝撃“の一つは「水俣」であったといっていい。やがて私は足元の周防灘開発に反対し豊前火力発電所建設反対運動へと没入していくが、それはまた孤立への道でもあった。そのとき私のすがるような眼に見えたのが、十余年前蜂の巣砦にたてこもって国家権力と対峙した室原知幸翁であった。自らを励ますために、私は蜂の巣城主の孤高の闘いの軌跡を辿って『砦に拠る』を書き始める……。
 同時代史を生きるということは、こんなふうに至るところで交錯し、意識的にも無意識的にも響き合っていくことなのだろう。
 本書の手柄は、できごとにかかわった人々のいまを記者が訪ねていることだろう。たとえば、一九六〇年の三池闘争の中で生まれた団結労働歌として著名な「がんばろう」の作詞者森田ヤエ子さんの現在を、私は本書で初めて知った。七〇歳に近い彼女が失対事業で働きつつ、いまも詩を作り「語り部」たらんとしていることを知らされるのだ。
 本書にとりあげられたできごとはいずれも大きく重く、それにかかわった者たちには一生の十字架となっていかざるをえない。いまを訪ねることで、そのことが浮彫りとなってくるのだ。
 きわめて個人的理由で、私は「再訪『出ニッポン記』」を興味深く読んだ。私が兄事した記録作家上野英信さんは、閉山の続く筑豊を捨てて南米へと移住した同朋のその後に心を痛めて、一九七四年に一人一人を探し訪ねて行く。その記録が『出ニッポン記』である。それから二十年を経て記者が再訪する。
 哀切なエピソードが語られている。塵肺を病む老人は、記者が土産に持参した石炭のかけらには手を触れず、「上野さんはお元気でしょうか」と問う。八年前に亡くなりましたと告げると、黙りこみせきこんだ彼は記者には何も答えず寝室に引きこもってしまう。様子をのぞきに行った家族が戻って来て、「上野さんが亡くなったと知って、よほどショックだったのでしょう。泣いていました」と告げる。私にも、こみあげるものがあった。

  • 四六判並製403頁
  • 4-88344-007-9
  • 定価:本体価格1800円+税
  • 1995/10/20発行
仙厓百話

仙厓和尚の書画入り


扶桑最初善窟「聖福寺」の仙厓さんは、美濃のお生まれ、八十八歳までの五十年を博多でくらした高徳奇行のお坊さま。仙厓さんの嫌いなものは、俗物・成金・侍で、子供や貧乏庶民には心底温かい、軽妙洒脱で粋な方。軽妙辛辣な逸話の宝庫!

  • 四六判並製188頁
  • 978-4-88344-145-7
  • 定価:本体価格1500円+税
  • 2007/05発行
世間遺産放浪記 俗世間 藤田洋三 写真 建築 石風社 小屋 土壁 遺産 庶民
booktitle
世間遺産放浪記 俗世間篇
zeikomi
¥0円
世間遺産放浪記 俗世間篇

それは、暮らしと風土が生んだ庶民の遺産。建築家なしの名土木から、職人の手技が生んだ造作意匠、無意識過剰な迷建築まで、心に沁みる306遺産をオールカラーで紹介する第2弾。

  • A5判変型並製367頁
  • 978-4-88344-208-9
  • 定価:本体価格2700円+税
  • 2011/12/30発行
 (95件中) 41〜50件目