書籍

写真集・画集既刊
発行日▼50音順▲
 (52件中) 1〜10件目
booktitle
鉄を鍛(たた)く
zeikomi
¥0円
鉄を鍛(たた)く

booktitle
鉄を鍛(たた)く
zeikomi
¥0円

暗闇の中に希望を見い出すために鉄を鍛きつづける――バングラデシュからロンドンまで、鉄と格闘しつづけた彫刻家・四十年の軌跡とエッセンス。A5判上製120頁、口絵カラー56頁。   「鉄による知的発達」  1987 …

  • A5判上製120頁
  • 978-4-88344-279-9
  • 定価:本体価格2000円+税
  • 2018/03/10発行
booktitle
花の語らい
zeikomi
¥0円
花の語らい

booktitle
花の語らい
zeikomi
¥0円

その日、その日目につく花を描いた 花は記憶を呼び覚まし、思い出は花とともにあった    幼い日、母親の実家で沈丁花の陰に隠れ、むせかえる香りに包まれたことがありました。病気の祖父を見舞う里帰りで、従兄たちと〝か …

  • 四六判変型上製カラー120頁
  • 978-4-88344-273-7
  • 定価:本体価格1500円+税
  • 2017/05/10発行
booktitle
郷愁のポルトガル
zeikomi
¥0円
郷愁のポルトガル

booktitle
郷愁のポルトガル
zeikomi
¥0円

古い街並を散策し 城や市場を訪ね 路地を歩く 小さな自己流の旅のスケッチ   老いてこそ夫婦ふたりで巡る自由で気ままな旅ポルトガルの日常の風景を絵と文で綴る   †††††† 目次 †††††† ポル …

  • A5変形判上製 80頁
  • 978-4-88344-264-5
  • 定価:本体価格1800円+税
  • 2016/04/30発行
booktitle
死者のために
zeikomi
¥0円
死者のために

booktitle
死者のために
zeikomi
¥0円

  十五歳で阿蘇の山村を出たひとりの少年が 満州・シベリアでの過酷な体験を経て 一個の画家となった 私の少年のときのもうひとつの夢、 絵を描くということは、 染みついた兵隊色を 生涯をかけてぬぐいとる作業かも知れない。 …

  • 大スキラ判 164頁
  • 978-4-88344-254-6
  • 定価:本体価格2500円+税
  • 2015/05/26発行
大筑後川

北部九州4県、2860㎢の広大な大地を潤してきた“筑紫次郎”。阿蘇・九重の源流の峰々山々から有明海まで、貴重な自然と人々の営みを見つめ続けた20年の記録。


九州最大の一級河川、筑後川の雄大な美を活写した20年の記録。源流の山々から有明海まで、カラー150点!

  • A4判変型並製 160頁
  • 978-4-88344-227-0
  • 定価:本体価格2500円+税
  • 2013/04/01発行
booktitle
結いの村
zeikomi
¥0円
結いの村

九州の桃源郷と呼ばれる宮崎県西米良村。綾なす糸に導かれ、この村に嫁いできた女性たちとその夫、三十八組の夫婦の肖像。「小河氏の写真集はこの村で暮らすカップルを通して、過去と未来をつないでいる」(橋口譲二氏)

  • A4判変型上製88頁(モノクロ)
  • 978-4-88344-217-1
  • 定価:本体価格2000円+税
  • 2012/08/11発行
booktitle
メダリストへの道
zeikomi
¥0円
メダリストへの道

四半世紀以上に亘り、アマチュアボクシングを追い続けてきた写真家が、ロンドン五輪ボクシング代表選手の勇姿を活写した写真集。予選で惜しくも敗れた選手やかつての五輪代表選手の若き日の勇姿、五輪年表も併せて掲載!

  • B5判並製88頁(うちカラー46頁)
  • 978-4-88344-216-4
  • 定価:本体価格1900円+税
  • 2012/07/28発行
世間遺産放浪記 俗世間 藤田洋三 写真 建築 石風社 小屋 土壁 遺産 庶民
booktitle
世間遺産放浪記 俗世間篇
zeikomi
¥0円
世間遺産放浪記 俗世間篇

それは、暮らしと風土が生んだ庶民の遺産。建築家なしの名土木から、職人の手技が生んだ造作意匠、無意識過剰な迷建築まで、心に沁みる306遺産をオールカラーで紹介する第2弾。

  • A5判変型並製367頁
  • 978-4-88344-208-9
  • 定価:本体価格2700円+税
  • 2011/12/30発行
北欧やすらぎ散歩 ティンドラ ドロッペ スケッチ 旅行 デンマーク スウェーデン 石風社
booktitle
北欧やすらぎ散歩
zeikomi
¥0円
北欧やすらぎ散歩

人びとが満ち足りて暮す国デンマークに、雑貨の仕入れで6年通った著者が描く、街の見どころ、かわいいもの、素朴な暮らし。「いま、誰もがなんとなく、でも確かに感じている〝一番大切な何か〟にきっと気付く」(山村光春氏・BOOKLUCK/ブックディレクター)
*オールカラー/イラスト満載!

  • A5版並製函入カラー144頁
  • 978-4-88344-209-6
  • 定価:本体価格1900円+税
  • 2011/12/30発行
昭和二十年八さいの日記 佐木隆三 黒田征太郎 石風社 原爆 平和 ヒロシマ ナガサキ ピカドン PIKADON PROJECT  広島 長崎 誕生日 ポツダム宣言 8月15日 敗戦 終戦 戦争 平和 命 いのち 赤いリンゴ
booktitle
昭和二十年八さいの日記
zeikomi
¥0円
昭和二十年八さいの日記

「ぼく、キノコ雲を見たんだ」


その少年は、「おくにのために」死ぬ覚悟だった。八歳だった佐木隆三氏が少年の心象を書き、7歳だった黒田征太郎氏が渾身の気迫で絵を描いた。リアルなHIROSHIMAとNAGASAKI。そして平和と命への希求が描かれた〈イノチの絵本〉

  • A4判上製カラー 32頁
  • 978-4-88344-196-9
  • 定価:本体価格1300円+税
  • 2011/07/07発行
 (52件中) 1〜10件目