書籍

くらし・教育・子育て既刊
発行日▼50音順▲
 (30件中) 1〜10件目
tyosen_cover_web
booktitle
地方大学の挑戦
zeikomi
¥0円
地方大学の挑戦

booktitle
地方大学の挑戦
zeikomi
¥0円

グローバル化する世界の中でこそしっかり地に足をつけ自立的に思考しつつ世界に向き合う人材が求められる。   本書は、長崎県立大学の教員たちが、激動する時代の中で新しい教育法を模索し苦闘する実践の記録である。 &n …

  • 四六判並製245頁
  • 978-4-88344-270-6
  • 定価:本体価格1500円+税
  • 2017/2/15発行
9784883442348
booktitle
演じてみよう つくってみよう 紙芝居
zeikomi
¥0円
演じてみよう つくってみよう 紙芝居

日本で生まれた紙芝居が、いま世界中で大人気。紙芝居は観るだけでなく、自分で演じて、そしてつくってみると、そのおもしろさがぐんと広がします。豊富なイラストで楽しめる紙芝居の入門書!


紙芝居はいま世界中で大人気。豊富なイラストで楽しめる紙芝居の入門書!

  • A5判並製 128頁
  • 978-4-88344-234-8
  • 定価:本体価格1300円+税
  • 2013/06/25発行
フィリピンの小さな産院から
booktitle
フィリピンの小さな産院から
zeikomi
¥0円
フィリピンの小さな産院から

フィリピンの最貧困地域にクリニックを開いて13年。伝統的風習と近代化のはざまで悪戦苦闘しつつのてんやわんやの日々の記録。丸裸の人間が見え、本当の豊かさと、「本当に母子にとって良いお産とは」を問う、泣き笑いの奮闘記。

  • 四六判上製 287頁
  • 978-4-88344-226-3
  • 定価:本体価格1800円+税
  • 2013/04/01発行
一人芝居 先生 エール 応援歌 福永宅司 石風社 教育 映画 子育て
booktitle
一人芝居先生からのエール
zeikomi
¥0円
一人芝居先生からのエール

ありのままの子どもを愛すること。それは、ありのままの自分を愛すること。──笑いと涙の感動あふれる一人芝居の先生が、子育てと教育について、愛のエール(応援歌)をおくります

  • 171頁
  • 978-4-88344-211-9
  • 定価:本体価格1200円+税
  • 2012/06/01発行
鹿児島ことばあそびうた 鹿児島弁 ことばあそび 植村紀子 林舞 詩集 かごっまべん 石風社
booktitle
鹿児島ことばあそびうた 2
zeikomi
¥0円
鹿児島ことばあそびうた 2

著者による朗読視聴できます! おせ(大人)も子どんも、やっせんぼ(弱虫)もてんがらもん(利口者)も、おごじょ(娘さん)もまごじょ(孫)も、あっまっ(灰汁まき)もカライモも、みんなで楽しめる鹿児島弁ことばあそびうた詩集第2弾!

  • A5判変型並製 106頁
  • 978-4-88344-210-2
  • 定価:本体価格1500円+税
  • 2012/05/05発行
北欧やすらぎ散歩 ティンドラ ドロッペ スケッチ 旅行 デンマーク スウェーデン 石風社
booktitle
北欧やすらぎ散歩
zeikomi
¥0円
北欧やすらぎ散歩

人びとが満ち足りて暮す国デンマークに、雑貨の仕入れで6年通った著者が描く、街の見どころ、かわいいもの、素朴な暮らし。「いま、誰もがなんとなく、でも確かに感じている〝一番大切な何か〟にきっと気付く」(山村光春氏・BOOKLUCK/ブックディレクター)
*オールカラー/イラスト満載!

  • A5版並製函入カラー144頁
  • 978-4-88344-209-6
  • 定価:本体価格1900円+税
  • 2011/12/30発行
火の話

火の神から火をあたえられたニンゲンたち、火の神は一つ約束をしました。「火を使って、殺し合いをしてはならぬ」。──ニンゲンにとって「火」ってなんだろう。戦争から原子力発電まで、宇宙や神話という永い時間の中で考えてみたい──という思いからできた絵本。

  • A4版上製33頁カラー
  • 978-4-88344-206-5
  • 定価:本体価格1300円+税
  • 2011/12/08発行
博多っ娘 詩集 いきるっちゃん うしじまひろこ 石風社 博多弁 こども 少女
booktitle
いきるっちゃん
zeikomi
¥0円
いきるっちゃん

博多っ児詩集。「詩ば書いたら、博多弁になったと!」。たのしいこと、かなしいこと、いろいろあるばってん、きょうもあたしはいきるっちゃん。ねえ、おかあさん、しぇんしぇい、あたしのこころの声、きこえとる? 

  • A5版変型上製 106頁
  • 978-4-88344-204-1
  • 定価:本体価格1300円+税
  • 2011/11/25発行
あなたと読んだ絵本のきろく そして大切な図書館のこと 柴田幸子 柴田 幸子 石風社 図書館 絵本 読み聞かせ 児童書 子育て 育児
booktitle
あなたと読んだ絵本のきろく
zeikomi
¥0円
あなたと読んだ絵本のきろく

育児に追われたあのころ、テレビに夢中だった子どもたちに、いつしか毎晩せがまれて読んで聞かせた絵本やおはなし。生きる力を育むために、子育ての中に読み聞かせを。そして身近な図書館がきちんと活かされるよう願いをこめて。──ちいさな心で感じるいっしょに読んだぬくもりの記憶。

  • 246頁 四六判並製
  • 978-4-88344-188-4
  • 定価:本体価格1700円+税
  • 2010/06/20発行
169-150x219
booktitle
われら雑草家族
zeikomi
¥0円
われら雑草家族

大学を中退して徒手空拳で始めた農業と平飼いの養鶏。家族五人の悪戦苦闘の日々は、格差社会もなんのその。火事にも、台風にも、世間にも負けず、大地に生きる雑草家族の日々を綴る。

書評

考えさせられる幸せの基準

松垣 透
編集委員

 最近、幸せの気分について考えることがある。格差社会だの、派遣切りといった言葉が溢れ、正しい自身の立ち位置を見失いかけているのではないかと思う。そうしたときにこの本に出会った。
 そのタイトルの「雑草」という言葉にまずひかれて、手にとって読み始めた。内容は本の装丁通り武骨で、何気ない日々の生活を書いているのだが、これがいいのだ。鶏を飼い、野菜を作るという素人農法で、「ロビンソンの日々」の毎日。自分たちの食べるものをつくり、採取し、拾い、貰う。現金収入は基本的には卵を売ることで得るが、それはごくわずかな金額でしかない。周囲からは綱渡りの極貧生活と見られていたかもしれない、と書く。その通りだろう。
「世間体などを一切気にしなければなんとかなるものだ」と、小屋のような家まで建てた。そうした生活を文章で表現している。自身のことを書くときの素直な表現もいい。素直に反省もしているのもかわいい。子供たちとの会話もいい。子供たちとの接し方もいい。なかでも妻の素直な文章がいい。手作りの家を台風に飛ばされながら、そのトタン屋根を修理する様子など、目に浮かんでくる。ユーモアもあるから、ただ苦しくて悲惨な生活には見えない。餅をネズミに持っていかれ、それを見つけて取り返すくだりは笑った。
 家族についても考えさせられる。子供たちが成長して、自分の将来の進む道を決めるときに、その「教育」が正しかったこと、両親の教えをきちんと理解していたことが分かる。それぞれの進む道はそれぞれでしっかりと選んでいる。
 幸せの基準について考えさせられたのは、何もないのにここでは豊かなのだ。お金ではないことは分かっていても、そのことにこの本を前に、厳しく気付かされる。今の世のなか、何が幸せで、何が必要で、何がいらないのか。この本ではそんなことを考えさせられ、自分の将来を見つめ直すきっかけにもなった。

  • 230頁 四六判並製
  • 978-4-88344-169-3
  • 定価:本体価格1600円+税
  • 2008/11/10発行
 (30件中) 1〜10件目