書籍

ハバナとジャカランダと

249
116頁
978-4-88344-249-2
定価:本体価格3800円+税
2015/02/01発行
booktitle
ハバナとジャカランダと
zeikomi
¥0円


ラテンアメリカ・スケッチ散歩

booktitle
ハバナとジャカランダと
zeikomi
¥0円

〈画文集〉ジャカランダの花の色に誘われて、ラテンアメリカへの一人旅を敢行。メキシコ・キューバ・アルゼンチン・ウルグアイを巡れば、貧しくとも心豊かで底抜けに陽気な人たちとの出会いがあった。原色の風景の中で、中南米の空気に染まりながら、女ひとりの気ままでちょっとあぶない貧乏旅行を、歯切れの良い文章とラテンの香りいっぱいのスケッチで綴る画文集の第5弾

目次紹介- 抜粋 -


キューバへ
見知らぬ国で
レイコさん
オビスポ通り
赤い薬
カテドラルの広場
フリーダ祭り
ポラドーレス
ミスコン
モレーリア
グアナファト
リベラ発見

アルゼンチンへ
ブエノスアイレス
国境のラプラタ川
ゲバラの家
タンゴの街
ジャカランダの季節
チリへ
街角
空港にて
ブエノスアイレスのレストラン
美容室にて
闇の両替屋
プエルト・マデーロ
帰国

田代桂子

たしろ・けいこ

booktitle
田代桂子
zeikomi
¥0円
たしろ・けいこ

1940年生まれ。画家。
福岡教育大学卒業後、8年間、高校で美術教師をした後、フリーとなる。
コンクール、団体展、グループ展、個展などで作品を発表。
画文集に『ノスタルジア・ポルトガル』『スペイン・ロマネスク』『イタリアの風』『ビザンティンの庭』『ハバナとジャカランダと』がある。