書籍

絵本・児童よみもの既刊
発行日▼50音順▲
 (74件中) 21〜30件目
ふしぎとうれしい 長野ヒデ子 ながのひでこ 長野 ヒデ子 絵本 長 新太 エッセイ 鎌倉
booktitle
ふしぎとうれしい
zeikomi
¥0円
ふしぎとうれしい

「生きのいいタイがはねている。そんなふうな本なのよ」長新太氏


「生きのいいタイがはねている。そんなふうな本なのよ」長新太氏
絵本作家・長野ヒデ子さんの初めてのエッセイ集。使いこんだ布のように、やわらかな言葉が、人について、絵本についていきいきと紡がれる。長野さんの絵のふしぎの秘密もわかります!

書評

ほんわかと暖かい読後感

村島光子

 絵本作家長野ヒデ子さんの初めてのエッセイ集である。長野さんは一九七八年第一回日本の絵本賞を受賞。以来、たくさんの賞を受賞し、子どもから大人まで多くのファンをもっている絵本作家である。
 この本の中には、長野さんが二十年の間に、新聞や児童文学誌などに書いたエッセイが、長野さんいわく、おもちゃ箱のようにあれこれぎっしり入っている。本の帯に「使いこんだ布のようなやわらかい言葉で」とあったが、まさにそのとおりで、文章の一行一行に長野さんの人柄がにじみでている。
 ひょんなことから、鎌倉にアトリエをかまえた話、そこで出会った人や自然と付き合うこと、出身地である愛媛県の海のことや同じ愛媛出身の児童文学者古田足日氏の講演会での出来事、秋野亥左牟氏が住む小浜島のようすなどなど、楽しくて読み始めたら止まらない。ほんわかと暖かい読後感が心地よい。
 そして、忘れてはならないのは、家族の一員であった猫のサラダのことだ。どんなにサラダを愛していたか、このエッセイ集や長野さんの絵本を見ればよくわかる。

  • 278頁 四六判並製
  • 4-88344-064-8
  • 定価:本体価格1500円+税
  • 2000/08/20発行
火の話

火の神から火をあたえられたニンゲンたち、火の神は一つ約束をしました。「火を使って、殺し合いをしてはならぬ」。──ニンゲンにとって「火」ってなんだろう。戦争から原子力発電まで、宇宙や神話という永い時間の中で考えてみたい──という思いからできた絵本。

  • A4版上製33頁カラー
  • 978-4-88344-206-5
  • 定価:本体価格1300円+税
  • 2011/12/08発行
花咲か 江戸の植木職人 岩崎京子 石風社 桜 サクラ さくら ソメイヨシノ そめいよしの 植木 江戸 駒込 岩崎 京子 長野 ヒデ子 植樹 キク 菊
booktitle
花咲か
zeikomi
¥0円
花咲か

ソメイヨシノの始まり始まり


江戸の町にソメイヨシノがやってきた! 江戸・駒込の植木師にひろわれた少年が、小さな花々の命と向き合い、江戸の町にあでやかな新種の桜を植樹し、開花させるまでのひたむきな姿を、清々しい筆致で描いた長編。(表紙絵・長野ヒデ子)

書評

ひきついだ命を大切に

吉橋通夫
児童文学作家

 被災地の桜は、まだ「つぼみ固し」ではないでしょうか。一日も早く、満開の桜を楽しめる日々がもどってくることを願っています。
 いま日本で一番多く見かける桜は、ソメイヨシノという品種です。咲き始めは淡い紅色で、満開になれば白い大輪の花を咲かせます。
 江戸時代に染井村(いまの東京駒込)から広まったとされるソメイヨシノは、落ちた種から発芽することは、ほとんどないそうです。自分ひとりの力では増えていくことが出来ないので、人の手で接ぎ木や挿し木などをして増やしていきます。それに、肥料をやったり、根もとの草を刈ったり、からんだツタを切ったり、あれこれ世話をしてやらないと、きれいな花を咲かせてくれません。

 この本は、ソメイヨシノをひろげるために力を尽くした染井村の植木職人、常七の物語です。
 十三歳で弟子入りした常七が残した日記のようなメモをもとにして、物語が進んでいきます。
 そのメモは、「さつきとをか、あめすこしづつたびたび。おやかたより、あづきあんやきもち二ケおふるまひ。大きさこのくらゐ」と旧かなづかいで書いてあり、「このくらゐ」のあとには、もらった焼きもちの大きさが丸印でなぞってあります。
 旧かなづかいは読みづらいですが、この本では、ちゃんと新しいかなをつけてくれいるし、読み慣れると意味が分かってきます。速読しないで、じっくりかみしめながら読んでみてください。
 
 歴史ものは、今では使わないむずかしい言葉が出てくるので、苦手な人が多いようですね。でも、何百年も前に生きていた人たちの暮らしぶりや風俗を知るのも楽しいことですよ。その時代にタイムスリップすれば、歴史の中で暮らしていた人たちの息吹が伝わってきます。昔の人は、こんなふうに生きてきたんだ、現代に生きる自分も、彼らの人生の続きにいるんだ……と思えてきます。過去に生きていた人々と今の自分の人生が、とぎれることなくつながっていることの不思議さとおもしろさ。
 自分の命は、いきなりこの世に生まれたのではなくて、たくさんの人たちの夢や希望をひきついで、今ここにあるのですね。ひきついだ命を大切に生きていきましょう。
 作者の岩崎京子さんは、ことし八十九歳。今も徹底した取材をしながら勢力的に書き続けています。

  • 254頁 四六判並製
  • 978-4-88344-173-0
  • 定価:本体価格1500円+税
  • 2009/04発行
なんでバイバイ バイバイ するとやか ごとうひろし なすまさひこ 石風社 絵本 障害児 養護学校
booktitle
『なんでバイバイするとやか?』
zeikomi
¥0円
『なんでバイバイするとやか?』

養護学校にかようてつお君は、いつもバイバイしながらよってくる。「なんでバイバイするとやか?」と、きんじ君。この絵本をひっくりかえして読むと、てつお君の気持ちがわかってくるよ。(小学生低学年から)

  • A4判上製 42頁
  • 978-4-88344-160-0
  • 定価:本体価格1300円+税
  • 2008/03/13発行
ドラキュラ 屋敷 さぶろっく 石風社 前田美代子 いのうえしんぢ 児童書 戦争 平和 小学生 高学年
booktitle
ドラキュラ屋敷 さぶろっく
zeikomi
¥0円
ドラキュラ屋敷 さぶろっく

戦後間もない片田舎の村。戦争の影をそれぞれにをひきずる子供達が、あるひと夏の奇妙な出来事を通し、未来に向けて歩み出す……へっぴり腰の少年たちがドラキュラ屋敷で見たものは……(児童書/戦争と平和/小学校中学年以上)

  • A5判173頁
  • 4-88344-062-1
  • 定価:本体価格1500円+税
  • 2000/09/30発行
とぼうよギンヤンマごう

公園のギンヤンマくんはとべなかった。そこへあたらしくバクがやってきた。とべる夢をみることができたギンヤンマくん。そしたら、ほんとうにとべた! 「とぼうよ とべたよ 月までほい!」

  • A4判上製32頁カラー
  • 4-88344-011-7
  • 定価:本体価格1300円+税
  • 1996/03/30発行
とうさんかあさん ながのひでこ 長野ヒデ子 絵本 受賞 
booktitle
とうさんかあさん
zeikomi
¥0円
とうさんかあさん

長野ヒデ子のデビュー作。第一回日本の絵本賞受賞


この面白さは、この楽しさは、まさに「絵本の原点」! 長野ヒデ子のデビュー作。子どものみずみずしい好奇心がひろげる、素朴でなつかしい世界。

  • A4判上製 32頁
  • 978-4-88344-131-0
  • 定価:本体価格1400円+税
  • 2005/12/25発行
天にかかる石橋 まつだゆきひさ くろだやすこ 松田幸久 黒田康子 鹿児島 石橋 絵本 石風社
booktitle
天にかかる石橋
zeikomi
¥0円
天にかかる石橋

「こんど生まれてくるなら、天の川にかかる、橋になりたい」。鹿児島のシンボルとして、町に流れる川にかけられていた石橋。でも時代の移り変わりについていけず、ついになくなってしまうことになった。がんと闘いつづけた黒田康子さんの作品。

  • A4判上製24頁カラー
  • 4-88344-028-1
  • 定価:本体価格1200円+税
  • 1998/03/30発行
Web用カバー
booktitle
つよくなりたい
zeikomi
¥0円
つよくなりたい

booktitle
つよくなりたい
zeikomi
¥0円

だれだって 強く なりたいよね でも ほんとうの つよさって なんだろう? ボクシングの元世界チャンピオンが 子どもたちのこころにおくるメッセージ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− あとがきより −−−− …

  • A4版上製32頁
  • ISBN978-4-88344-245-4
  • 定価:本体価格1300円+税
  • 2014/09/01発行
225
booktitle
土の話
zeikomi
¥0円
土の話

醗酵学の小泉武夫氏と、魂のイラストレーター・黒田征太郎氏の強力コラボレーション。フクシマの土が阿武隈弁で人間文明を告発するイノチの絵本。

  • A4判上製 33頁
  • 978-4-88344-225-6
  • 定価:本体価格1300円+税
  • 2013/03/31発行
 (74件中) 21〜30件目