書籍

既刊
発行日▼50音順▲
 (262件中) 1〜10件目
kumamoto_cover_ol_web
booktitle
熊本地震
zeikomi
¥0円
熊本地震

booktitle
熊本地震
zeikomi
¥0円

震度7の前震を大幅に上まわるM7・3の本震 行政もマスメディアも市民も「想定外」の連続震度7   熊本県益城町、南阿蘇、熊本市内他――甚大な被害を齎した熊本地震の最中、人びとはそれぞれの場で生きるために、明日の …

  • B5判変型並製220頁
  • ISBN978-4-88344-272-0
  • 定価:本体価格1800円+税
  • 2017年3月31日発行
tyosen_cover_web
booktitle
地方大学の挑戦
zeikomi
¥0円
地方大学の挑戦

booktitle
地方大学の挑戦
zeikomi
¥0円

グローバル化する世界の中でこそしっかり地に足をつけ自立的に思考しつつ世界に向き合う人材が求められる。   本書は、長崎県立大学の教員たちが、激動する時代の中で新しい教育法を模索し苦闘する実践の記録である。 &n …

  • 四六判並製245頁
  • 978-4-88344-270-6
  • 定価:本体価格1500円+税
  • 2017/2/15発行
agora1_cover_web
booktitle
あごら 雑誌でつないだフェミニズム 第一巻
zeikomi
¥0円
あごら 雑誌でつないだフェミニズム 第一巻

booktitle
あごら 雑誌でつないだフェミニズム 第一巻
zeikomi
¥0円

一九七二年〜二〇一二年の半世紀にわたり、全国の女性の声を集め、個の問題を社会へ開いた情報誌『あごら』とその運動の軌跡。主要論文をまとめた一・二巻、『あごら』の活動を総括した三巻の三部構成   編集にあたり、全号 …

  • A5判上製335頁
  • 978-4-88344-266-9
  • 定価:本体価格2500円+税
  • 2016/12/01発行
agora2_cover_web
booktitle
あごら 雑誌でつないだフェミニズム 第二巻
zeikomi
¥0円
あごら 雑誌でつないだフェミニズム 第二巻

booktitle
あごら 雑誌でつないだフェミニズム 第二巻
zeikomi
¥0円

一九七二年〜二〇一二年の半世紀にわたり、全国の女性の声を集め、個の問題を社会へ開いた情報誌『あごら』とその運動の軌跡。主要論文をまとめた一・二巻、『あごら』の活動を総括した三巻の三部構成   編集にあたり、全号 …

  • A5判上製355頁
  • 978-4-88344-267-6
  • 定価:本体価格2500円+税
  • 2016/12/01発行
agora3_cover_web
booktitle
あごら 雑誌でつないだフェミニズム 第三巻
zeikomi
¥0円
あごら 雑誌でつないだフェミニズム 第三巻

booktitle
あごら 雑誌でつないだフェミニズム 第三巻
zeikomi
¥0円

一九七二年〜二〇一二年の半世紀にわたり、全国の女性の声を集め、個の問題を社会へ開いた情報誌『あごら』とその運動の軌跡。主要論文をまとめた一・二巻、『あごら』の活動を総括した三巻の三部構成   編集にあたり、全号 …

  • A5判上製374頁
  • 978-4-88344-268-3
  • 定価:本体価格2500円+税
  • 2016/12/01発行
コーヒー_カバーweb
booktitle
アウシュヴィッツのコーヒー
zeikomi
¥0円
アウシュヴィッツのコーヒー

booktitle
アウシュヴィッツのコーヒー
zeikomi
¥0円

ドイツという怪物をコーヒーで読み解く   「アウシュヴィッツなしにはヨーロッパ人がアフリカ人にしたことは、決して理解できなかっただろう」 (アルフレッド・メトロー)    戦争が総力戦の段階に入った歴 …

  • 四六判上製 282頁
  • 978-4-88344-269-0
  • 定価:本体価格2500円+税
  • 2016/10/10発行
宮原社宅_cover_web
booktitle
三池炭鉱 宮原社宅の少年
zeikomi
¥0円
三池炭鉱 宮原社宅の少年

booktitle
三池炭鉱 宮原社宅の少年
zeikomi
¥0円

三池争議の吹き荒れた昭和三〇年代の大牟田   炭鉱社宅での日々を遊び盛りの少年の眼を通して生き生きと描く   ///////////////////////////////////////////// …

書評

のどかな暮らしの先に深い意味

斎藤美奈子
文芸評論家

 福岡県大牟田市宮原町二丁目。三井三池炭鉱で働く人々が住む「宮原社宅」があった場所である。
 高さ2㍍ほどのブロック塀に囲まれた社宅に住むのは200世帯ほど。塀の外を社宅の人々は「外(がい)」と呼んだ。長屋式の社宅が並ぶ一角には共同風呂があり、隣の講堂では映画が上映された。
 著者は敗戦の翌年、この宮原社宅で生まれ、高校を出るまでここで育った。ベビーブームの走りの時代で、小学校の児童数は2千人を超えていた。
 そんな社宅での子どもの暮らしを本書は克明に描き出す。生活排水が流れ込む川でフナやザリガニをとり、台車を暴走させ、馬跳びや馬乗りやコマやパチ(メンコ)やラムネン(ビー)玉に熱狂し……。が、のどかな自分史に見えた本書に、じつは深い意味が込められていたことを、私たちは終盤近くで知るのである。
 東京の大学に進学後、知り合った女学生は、自分も福岡県大牟田市宮原町二丁目の出身だといった。ただし、彼女が住んでいたのは生け垣に囲まれたお屋敷のような「職員住宅」。
 同じ住所に住んでいたのに互いを知らない。〈職員住宅の人たちからすれば、私たちの方が「外」と呼ばれる存在だったのだ〉〈私たちは分断され閉鎖された状況を、当たり前のように受け入れながら育ってきていたのだ〉
 三池炭鉱はかつて囚人労働や強制労働が行われた炭鉱でもあり、また三池闘争(1960年)の舞台としても知られている。
 闘争の最中、昇進を打診された父に農中少年はいった。〈お父(と)さんが係り員になって、給料が上がることは嬉しか。ばってんそれは、三池労組を出るということやろう〉〈それは、いやばい。考えられん〉
 三池炭鉱宮原坑跡は昨年、ユネスコ世界文化遺産のひとつに登録された。そのすぐ側にあった暮らしがいまはない。クラッとするような感覚に襲われる。(朝日新聞2016年8月14日)

  • 四六判上製 256頁
  • ISBN978-4-88344-265-2
  • 定価:本体価格1800円+税
  • 2016/06/10発行
ポルトガルol_軽
booktitle
郷愁のポルトガル
zeikomi
¥0円
郷愁のポルトガル

booktitle
郷愁のポルトガル
zeikomi
¥0円

古い街並を散策し 城や市場を訪ね 路地を歩く 小さな自己流の旅のスケッチ   老いてこそ夫婦ふたりで巡る自由で気ままな旅ポルトガルの日常の風景を絵と文で綴る   †††††† 目次 †††††† ポル …

  • A5変形判上製 80頁
  • ISBN978-4-88344-264-5
  • 定価:本体価格1800円+税
  • 2016/04/30発行
地域社会_カバー
booktitle
大学と地域社会の連携
zeikomi
¥0円
大学と地域社会の連携

booktitle
大学と地域社会の連携
zeikomi
¥0円

地域社会と連携する大学の問題点と可能性を論じる   地域の課題を前に、地域住民、NPO、行政・企業、大学が、 その解決のために模索・格闘・連携してきた軌跡    本書では、大学が果たせるNPO/NGO …

  • 四六判並製 211頁
  • ISBN978-4-88344-263-8
  • 定価:本体価格1800円+税
  • 2016/04/10発行
波佐見カバー_ol_最終web
booktitle
波佐見焼ブランドへの道程
zeikomi
¥0円
波佐見焼ブランドへの道程

booktitle
波佐見焼ブランドへの道程
zeikomi
¥0円

無名であることを 誇りとしてきた 波佐見焼 江戸時代 日本中を席巻した 「くらわんか碗」の伝統が、 カジュアルで 高いクオリティとセンスをもって 現代に甦る 江戸時代から「くらわんか碗」という庶民の飯碗を大量に生産し、京 …

  • A5判並製 255頁
  • ISBN978-4-88344-262-1
  • 定価:本体価格1500円+税
  • 2016/03/01発行
 (262件中) 1〜10件目