書籍

かずよ 一詩人の生涯

237
四六判上製 200頁
978-4-88344-237-9
定価:本体価格1500円+税
2013/09/01発行
booktitle
かずよ 一詩人の生涯
zeikomi
¥0円


一詩人の生涯

booktitle
かずよ 一詩人の生涯
zeikomi
¥0円

詩人・みずかみかずよ。没後25年。ひとりの詩人がみずみずしくよみがえる。小学校の教科書に多くの詩が掲載されたみずかみかずよ。50代で亡くなったその生涯を、人生の同伴者・水上平吉が綴る──。

「はじめに」

『あとがき』

目次紹介- 抜粋 -

Ⅰ 出会い
Ⅱ 母との別れ
Ⅲ かずよの青春
Ⅳ 初めての詩集
Ⅴ 病いとの闘い
Ⅵ 『歌集 生かされて 外科病棟201号室より』全文
みずかみかずよ略年譜

水上平吉

みずかみ・へいきち

booktitle
水上平吉
zeikomi
¥0円
みずかみ・へいきち

1932年山口県生まれ。北九州大学卒業。児童文学誌「小さい旗」主宰。 日本児童文学者協会評議員、日中児童文学美術交流センター理事。北九州市民文化賞を妻かずよとともに受賞。 編著『みずかみかずよ全詩集いのち』で丸山豊記念現代詩賞を受賞。訳書『おさげのパオチェン』『雪原のうさぎ』、共訳『ニーハオ!小坡』、編著『福岡の童話』などがある。近作に『かずよ──一詩人の生涯』がある。



コメントは受け付けていません。