著者

長妻靖彦

(ながつまやすひこ)

booktitle
長妻靖彦
zeikomi
¥0円

1936年名古屋市生まれ。59年京都大学文学部(西洋史学科)卒、毎日新聞社入社。以後西部本社(九州・山口・島根)一筋。64年西部本社報道部で、戸畑区婦人会の公害防止運動や、「百万人の街づくり」キャンペーンに従事。67年同経済部に転じ、八幡・富士両製鐵合併や「鉄冷え」報道などに従事。72年以降は福岡地区でエネルギー、金融、経済団体などを担当した。経済課長を経て、84年西部本社経済部長。91年編集委員(福岡駐在)で毎日新聞退職。92年㈶九州経済調査協会研究主幹。97年『21世紀の九州・山口経済社会事典』編纂担当。97年以降九州国際大学、また2001年以降九州産業大学の各非常勤講師(九州経済論など)を務めた。2001年から北九州都市協会(後に北九州市芸術文化振興財団)発行の月刊誌「ひろば北九州」で13年まで経済人インタビューを長期連載した。
(主な編共著)
毎日新聞社編『明日に挑む企業新時代――西部経済圏の最前線ルポ』(編著)、 九州経済調査協会『九州経済白書=新地方の時代と中堅企業』、『九州経済白書=国際調整・九州からの挑戦』、同『21世紀の九州山口経済社会事典』(いずれも共著)他