書籍

サハラの歳月

四六判上製496頁
978-4-88344-289-8
定価:本体価格2300円+税
2019/12/20発行
booktitle
サハラの歳月
zeikomi
¥0円


booktitle
サハラの歳月
zeikomi
¥0円

台湾・中国で一千万部を超え、
数億の読者を熱狂させた、
破天荒・感涙のサハラ生活記完訳!!
 
2019年秋、ニューヨーク・タイムズ誌絶賛!
https://booksfromtaiwan.tw/books_info.php?id=58

サバ軍曹 (立ち読みサンプル)

 その時、スペインの植民地・西サハラは、モロッコとモーリタニアに挟撃され、独立の苦悩に喘いでいた……。砂漠に住まう人々の、光と熱、影と涙――「前世を追憶するような郷愁が、わけもなく、ことごとくその見たこともない大地に呼び寄せられ」(「わが手で城を」)て、砂漠の大地・西サハラへと移住したサンマウ。夫・ホセ、現地人・サハラウィたちとの破天荒な日々を、ドラマティックに描く。
 
 本編に収録されている「サハラの物語」は、韓国語、スペイン語、カタルーニャ語でも翻訳出版されており、典蔵版「サハラの歳月」(STORIES OF THE SAHARA)は現在、イギリス、アメリカ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、イタリア、ミャンマー等で翻訳出版が準備されている。三毛の著書は、台湾、中国において一千万部を超えるベストセラーになっている。

装丁:毛利一枝
表紙カバー写真撮影 Seqoya—Shutterstock.com

—————————————

目次紹介- 抜粋 -

 帰郷に寄せて

Ⅰ サハラの物語
 砂漠の中のレストラン
 平沙は漠漠たり夜に刀を帯びる
 結 婚 記
 向こう三軒両隣
 にわか医者施療を為す
 幼い花嫁さん
 禿げ山の一夜
 砂漠観浴記
 愛の果て
 日曜漁師
 死を呼ぶペンダント
 天へのはしご

Ⅱ 哀哭のラクダ
 わが手で城を
 親愛なるお姑様
 収 魂 記
 寂 地
 砂漠で拾ったお客たち
 聾唖の奴隷
 サバ軍曹
 哀哭のラクダ

訳者あとがき

三毛

さんまう

booktitle
三毛
zeikomi
¥0円

本名陳平。1943年中国四川省重慶で生まれ、5歳の時に家族と共に台湾に渡る。中学2年の秋から引きこもりの生活に入り休学。その後中国文化学院(現・中国文化大学)哲学系で聴講生として学んだ後、スペインに留学。1974年、サハラ砂漠でスペイン人のホセ・マリア・クェロと結婚。砂漠での生活を題材にした物語「中国飯店」が台湾の新聞に発表されるや、三毛フィーバーを引き起こし、主に自らの生活を題材とした作品を次々と発表。夫ホセの死後、1981年に台湾に戻る。その後も執筆活動を続けるが、91年に死去。享年48歳。

(三毛を「サンマウ」と表記したのは、三毛の中国語発音表記は「San mao」となるが、この毛(mao)の中国語音は、日本語の「マウ」に近い音である。原音により近づけるため「サンマウ」とした)

妹尾加代

せのお・かよ

booktitle
妹尾加代
zeikomi
¥0円

 高知県出身。京都外国語大学英米語学科卒業。1964年9月より1年間、台湾省立師範大学(現・国立台湾師範大学)国文系に留学。

訳書:三毛『サハラ物語』(筑摩書房、1991年)
共訳書:藍博洲『幌馬車の歌』(草風館、2006年)
監訳書:鄧友梅『さらば、瀬戸内海!』(周南地区日中友好協会中国語講座「悟空」、2012年)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA