書籍

うさぎ飼い

A5変形判上製 88頁
978-4-88344-294-2
定価:本体価格2000円+税
2020/11/30発行


booktitle
うさぎ飼い
zeikomi
¥0円

幻想と生理が
身体で溶けあい 気体となって
ふるえている
 
ひそやかに、そして奔放に
変容する私とわたし
そのことばが弾ける第一詩集
 
 
言葉と身体との間に齟齬がないようにしたいと思う。でもそうはいかない。ときに、言葉を明け渡してしまった。
だから、夜にはうさぎを飼う。感傷的にならず、じっと眺めている。うさぎはゲージの外よりも内側でいっそう自由だ。
著者「あとがき」より
 
 
装幀・カバー写真・大扉カット:毛利一枝

目次紹介- 抜粋 -

FRASCO
教室
葡萄
耳に
梔子ロード
十日夜
電話
悋気
Irregular

たまくらに
代わりの代わり
蔓をひく
蛇、蛇遣い、瞼


映写機
蜂の腰
木鶺鴒
ココア旅行

満水
鹿狩り
なかんずく
標準語のために
膨れ
燃えたこと燃えること
バターを買う人
明るい胎児
うさぎ飼い

 あとがき

岩下祥子

いわした・しょうこ

booktitle
岩下祥子
zeikomi
¥0円

1986年福岡県生まれ。
「すとろんぼり」「水盤」「卓上作法」「敍説」同人。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA