著者

ジュールズ・ファイファー

(じゅーるず・ふぁいふぁー)

booktitle
ジュールズ・ファイファー
zeikomi
¥0円
じゅーるず・ふぁいふぁー

Jjles Feiffer。1929年ニューヨーク生まれ。「ヴィレッジヴォイス」誌に42年間風刺漫画を連載、独特な視点と感性が評価されk、ピューリッツァー賞を受賞(1986)。絶大な人気を得る。
1960年代、ベトナム戦争、ケネディ暗殺などで社会が大きく揺れる中、自身の思いを表現する場として、演劇や映画の脚本へと世界を広げ、「Knock Knock」(トニー賞ノミネート、1976)、「お家に帰りたい」(ヴェネチア国際映画祭最優秀脚本賞、1989)等により、脚本家としても注目を集める。
後年、家族との触れあいの中で、自ら子供のための本を書くことを思い立ち、その第一作となった『The Man in the Ceiling』は米国図書館協会(ALA)が発行する「Booklist」誌と、「Publishers Weekly」誌により1993年の優秀児童文学作品に選ばれ、現在ブロードウェイでミュージカル化される計画が進行中。その他『Meanwhile』、『Bark, George』など著作多数。子供たちへの愛情とユーモアに溢れたその作品は多くの子供たちに親しまれている。