書評

ティンサ

ティンサ 石風社 根本 百合子 ビルマ バ モオ モウ 女性
四六判上製247頁
978-4-88344-149-5
定価:本体価格1800円+税
2007/07/20発行
booktitle
ティンサ
zeikomi
¥0円


ビルマ元首相バ・モオ家の光と影

booktitle
ティンサ
zeikomi
¥0円

ビルマの初代首相バ・モオを父に、反政府活動家を夫に、波瀾に富んだ人生をおくったティンサとその一族の物語。大英帝国の植民地、さらに日本軍政下、時代の理不尽に翻弄されながらも清くたくましく生きたビルマの女性達へのオマージュ。

書評

政治に翻弄された一家の苦難の道のり描く

詩音

 1962年、著者の根本百合子さんは、外交官である夫と共に赴いたビルマ(現・ミャンマー)で、一人の女性と運命的な出会いをする。
「素顔の美しさと身だしなみのセンスのよさには会うたび見とれていたが、奥ゆかしさの中に毅然とした強い筋が一本通っている性格に大きい魅力を感じた」という。太平洋戦争下のビルマで、国家元首を務めたバ・モオ元首相の長女、ドオ・ティンサ・モオ・ナインである。
 本書は、ティンサへのインタビューを通し、モオ家一族の半世紀におよぶ苦難の道をたどるノンフィクションだ。
 ビルマの戦後は厳しい。英国からの独立運動があり、クーデターによる革命政府の樹立、反政府運動、そして民主化運動への武力弾圧は今も続く。
 一家は、激動する政治の波にのみ込まれ、運命を大きく変えられていく。
 カンボジアへの脱出と帰国。戦後日本に亡命した父、15年間地下にもぐり反政府運動を指導した夫、ティンサ自身やティンサの弟、妹も投獄され、息子を二人失うという悲劇にも見舞われる。
 しかし、ティンサは「良い時も、悪い時も、冷静な判断とたゆみない生きる努力を忘れなければ、必ず満足のゆく一生が送れます」との強い信念で困難を乗り越え、生き抜いてゆく。
 息子二人と娘一人を失うが、四男七女に恵まれ、孫を加えた大家族を切り盛りするティンサの知恵と行動力は、力強く清々しい。
 著者によると、最近の政情悪化で連絡が一方通行になり、近況がつかめないという。80歳を超えたティンサの余生が穏やかな日々であることを祈らずにはいられない。
 60余年前の日本の侵攻から、現在に至るビルマの近現代史を理解するうえでも貴重な一冊である。

目次紹介- 抜粋 -

序章
第1章 ティンサの娘時代
第2章 バ・モオのビルマ行政府長官時代
第3章 逃避行中のティンサの出産
第4章 疎開先と亡命先からの帰国
第5章 ビルマの独立
第6章 ウー・ヌ政権よりネィ・ウィン革命政府へ
第7章 ボウ・ヤン・ナインの反ネィ・ウィン政府活動
第8章 ティンサと家族の投獄
第9章 バ・モオ博士の永眠
第10章 ボウ・ヤン・ナインの帰宅 
第11章 夫の永眠とその後のティンサ一家
 関連年表

根本百合子

ねもと・ゆりこ

booktitle
根本百合子
zeikomi
¥0円

1924年神戸に生まれる。東京女子大学文学部卒業。
1982年より17年間、中国残留孤児帰国者と家族の日本語教育にたずさわる。
著書『祖国を戦場にされて──ビルマのささやき』『国境という幻──追憶のユーラシア大陸横断』『ティンサ──ビルマ元首相バ・モウ家の光と影』(石風社)
2011年2月17日永眠。



コメントは受け付けていません。