ことばの遊園地 内田麟太郎詩集

A5版上製38頁
978-4-88344-322-2
税込価格1650円
2023/11/10発行
紹介

詩人・内田麟太郎が表現する、少年誌集としてはたぶん、初めてのコンクリートポエトリー
*コンクリートポエトリー=テキストのもつ具象性に注目して空間的・視覚的に表現された詩

詩集とありますが、
詩集ではないのかも
しれません。

文字と記号と言葉で、
私もたっぷり
遊ばせて
いただきました。
少年詩にユーモアを。
そんな気分の今日
この頃です。

     内田麟太郎

目次

きもち
野の花
魚市場
のはら
せいくらべ
めだか
山国

算数の時間
名画
おじいさん
突然変異
威厳
なつ
野原
あとがき

著者

内田麟太郎

うちだ・りんたろう
うちだ・りんたろう

1941年福岡県大牟田市生まれ
詩集に『あかるい黄粉餅』(石風社)、『なまこ饅頭』(無極堂)ほか。少年詩集に『たぬきのたまご』(銀の鈴社)、『たんぽぽ ぽぽぽ』(銀の鈴社)、『詩303P』(303BOOKS)ほか。絵本に『ともだちや』(偕成社)、『さかさまライオン』(童心社)、『こんにちはあした』(小峰書店)、『わらうだいじゃやま』(石風社)ほか。
エッセイに『絵本のことば 詩のことば』(皓星社)ほか。
大牟田市動物園に大牟田市立ともだちや美術館がある。