書籍

既刊
発行日▼50音順▼
 (282件中) 191〜200件目
La Cuisine Familiale Japonaise 日本の家庭料理 仏語版 フランス語 家庭料理 肉じゃが
booktitle
La Cuisine Familiale Japonaise 日本の家庭料理(仏語版)
zeikomi
¥0円
La Cuisine Familiale Japonaise 日本の家庭料理(仏語版)

在庫僅少。一般的な日本の家庭料理のレシピがフランス語に。フランスへのお土産やフランス人プレゼントに最適な一冊。

  • 106頁 B5判並製 フランス語
  • 定価:本体価格1748円+税
  • 1991/09/30発行
粘土の花 3

造ることが大好き、粘土が大好き、そんな人達の気持ちを大切に、この本をつくりました。クレイアートの材料説明から作り方、作品例まで。

  • 72頁 A4判変型並製
  • 4-88344-066-4
  • 定価:本体価格1500円+税
  • 2000/11/15発行
年々去来の花 弁護士 手帖 湯川久子 石風社 女性 離婚 結婚 遺産 
booktitle
年々去来の花
zeikomi
¥0円
年々去来の花

結婚・離婚・遺産相続……と、人間関係の修羅場を見つづけてきた著者が、能狂言に重ねつつ人間の愛憎劇を越えるための知恵を紡ぐ

  • 四六判上製211頁
  • 4-88344-004-4
  • 定価:本体価格1800円+税
  • 1995/05/21発行
詩集 ノヴァ スコティア ハーメルン 樋口 伸子 石風社 阿部謹也 あかるい天気予報
booktitle
詩集 ノヴァ・スコティア
zeikomi
¥0円
詩集 ノヴァ・スコティア

阿部謹也氏──「樋口さんの普段の姿に接していると、詩人であることを感じさせないがそれは私たちが詩人であることになんらかの印を見ようとするからである。……日常生活の中で樋口さんは詩人なのであり、それだから詩人くさくないのだ」

書評

自分と半歩、世間と三歩離れ

岡田哲也
詩人

 お祭り大好き人間のくせに私は群集や党派が嫌いでした。昔、学生活動家たちから「お前は右か左か」と詰めよられた時も、「俺は上だよ」と答えました。「右翼の右へならえ 左翼の左うちわ」と詩にも書いて、度し難い奴だと言われたりもしました。
 こんな枕を振ったのは、別段今の政局を思ってのことではありません。樋口伸子さん(福岡市)の詩集『ノヴァ・スコティア』の帯に、歴史家阿部謹也さんが書いた次のような件(くだり)があったからです。
「樋口さんの普段の姿に接していると、詩人であることを感じさせない(略)日常生活の中で樋口さんは詩人なのであり、それだから詩人くさくないのである」
 樋口さんには、いかにもゲージュツカといった風采や面体(めんてい)が感じられないのでしょう。詩を書くより、詩を生きることに多忙なのかもしれません。だからでしょうか、作品からも、ことさらの修辞やツヤ付けが感じられません。自然体です。しかし、奇も衒(てら)いもないけど、どこか異なのです。野球の投手に喩えれば、剛速球投手ではないが、緩急と内外角のボール一個の出し入れで勝負する、そんな感じです。
「わたしは夢の中までも迷っている/といっても/どこからが夢なのか分からない(略)ねじれた心をもてあまして/四月の魚がバカなら/三月の魚には毒がある(なんて)/無意味な台詞をつぶやいて/自分の声で目が覚める/その時わたしは笑っていたのだ/いや 怒っていたのだよ」(作品「夢から夢へ」)
「夏 バカが過ぎて辛い日が続いた/眠る前に小出しに泣いた/夜中に目覚めて心がよじれた/鍵をかけたまま秋になった」(作品「秋ふかく」)
 おっちょこちょいですっこけたような自分が、スキップするように歌われます。しかし作者は、手放しで自分をいとおしむのでなく、周到に自分とは半歩、世間とは三歩離れているのです。そのぶん言葉が、世間の湿気やあけすけな自虐趣味から免れています。サラリチクリの一冊です。

  • A5判変型上製
  • 978-4-88344-191-4
  • 定価:本体価格2000円+税
  • 2010/10/11発行
booktitle
野に生きる
zeikomi
¥0円
野に生きる

山裾の自然のなかで雑草のように生きる家族と一匹の犬。 大地に生きることの喜びは愛犬とともにあった

  • 四六判並製190頁
  • 978-4-88344-246-1
  • 定価:本体価格1500円+税
  • 2014/11/10発行
booktitle
野村望東尼 姫島流刑記
zeikomi
¥0円
野村望東尼 姫島流刑記

booktitle
野村望東尼 姫島流刑記
zeikomi
¥0円

筑前勤王党二十一人が自刃・斬罪に処せられた慶応元年の乙丑の獄。歌人野村望東尼も連座。糸島半島沖の姫島に流罪―― 野村望東尼は平野国臣ら勤王の志士と交流を持ち、高杉晋作を匿ったことでも知られる幕末の勤王歌人。本書は、望東尼 …

  • A5判上製540頁(口絵カラー4頁+口絵モノクロ8頁)
  • 978-4-88344-283-6
  • 定価:本体価格3800円+税
  • 2019/04/30発行
法の花ごころ 弁護士 女性 離婚 遺言 財産 親権 湯川久子 石風社
booktitle
法(のり)の花ごころ
zeikomi
¥0円
法(のり)の花ごころ

これから結婚するひと、結婚しているけれど、一度は離婚も考えたひとへ。女性弁護士からの心のこもった知恵とアドバイス

  • 四六判並製285頁
  • 定価:本体価格1200円+税
  • 1990/05/10発行
booktitle
俳句俳画集 眼鏡土竜
zeikomi
¥0円
俳句俳画集 眼鏡土竜

まっすぐを ひたすら願い ねじりばな
秘しものを 残らず出して 紅葉散る
コスモスを 従えて行く 秋の風
終りとも 始めとも見ゆ 枯葉かな

ひとりの女性が、人生の年輪の中からにじみ出るように生まれた歌を、四季の野の草花への愛に満ちた水彩画に添えてまとめた一冊。哀切さと爽やかさが不思議なバランスで同居する〈俳句俳画集〉。


ひとりの女性が綴った、爽やかさと哀切な魅力に満ちた俳句俳画集

  • A5判並製 188頁
  • 978-4-88344-231-7
  • 定価:本体価格1500円+税
  • 2013/03/20発行
博多サツ番日記

B級事件から時代が見える!


3面記事から落ちこぼれたB級の事件・犯罪。サツ番記者が拾った博多の裏話。どこから読んでもおもしろく、やがてせつないB級事件簿

  • 四六判並製231頁
  • 定価:本体価格1200円+税
  • 1987/11/30発行
booktitle
博多に生きた藩医
zeikomi
¥0円
博多に生きた藩医

日本で初めての翻訳解剖書を一子相伝で伝える博多医家の四百年


日本で初めての翻訳解剖書を一子相伝で伝える博多医家の四百年

  • 256頁(口絵カラー4頁×モノクロ4頁)
  • 978-4-88344-243-0
  • 定価:本体価格1500円+税
  • 2014/06/30発行
 (282件中) 191〜200件目