子どもを大切にしない国 ニッポン
—— 元児童相談所職員の考察と提言

四六判並製350頁
978-4-88344-318-5
税込価格2750円
2023/05/01発行
紹介

いじめや体罰、虐待・自死から
子どもたちをいかにして守るか

親・児相・施設職員・保育士・教師・医師・市町村職員 etc… 
子どもの命に携わる人たちの必読書

保護者から現に虐待を受けている子どものほとんどは、
死を選ぶことなく耐えているというのが実状である。
学校におけるいじめと家庭における虐待との違いは、同
じような精神的・肉体的迫害を受けていながら、子ども
同士間でいじめを受けるということは、本人にとっては
一切妥協のない外圧や人間疎外、逃げ場のない学校
生活、自尊心の重篤な傷つきといった厳しい状況の中で
生活していることであり、家庭内の虐待の場合は、暴力
やネグレクトを受けていても、哀しいことであるが、多くの
子どもが親に対して、いつかは、自分を愛してくれるかも
知れないという切ない期待、希望を持っていること、この
差の違いではないかと考える。 (「本文」より)

目次

  プロローグ 12

第一章 児童相談所の現状と虐待防止の強化            
1 子どもの虐待報道 18
2 児童福祉法の成り立ちと社会背景 26
3 子ども虐待防止対策前夜 28
4 虐待防止対策の強化と課題 34
5 児童相談所の活動 39
6 親権制度との戦い 55
7 親権制度の見直し 59        
8 児童相談所の体制強化と親の体罰禁止の明文化 72
9 児童相談所における喫緊の課題 88

第二章 子ども虐待と子どもを守る法制の歴史的考察
1  古典的虐待と子どもの救済策 94
2 江戸期の虐待禁止令 96
3 明治・大正・昭和初期の子ども救済策 97
4 わが国の児童虐待防止対策の黎明期 103
5 懲戒権・親権の歴史的成り立ち 109
6 非行ある子弟(不良少年)への懲戒権の行使 114

第三章「子どもの権利に関する条約」の批准とその後のわが国の動向
1 「子どもの権利に関する条約」の成立と社会背景 122 
2 子どもの意見表明権の実例 126 
3 国連子どもの権利委員会の総括所見 127
4 わが国の是正勧告等への対応及び現状 137

第四章 少年司法の動向
1 少年法の制定 162
2 少年法改正の経緯と改正点 163 
3 少年非行の低年齢化・凶悪化の虚構 178
4 少年法適用年齢引き下げの議論 180
5 少年犯罪減少の背景 186
6 子ども世界の縮小化・希薄化 189 
7 少年司法の今後の行方 195

第五章 いじめ自殺・教師の体罰の問題        
1 日本の自殺死亡率の高さの問題 208
2 子ども若者の死亡の現状 211
3 わが国の自殺対策 226
4 自殺者統計 228
5 いじめ防止対策推進法の制定 236

第六章 わが国のいじめ自殺の現状
1 2015~2019年度 いじめ自殺報道の概要 252
2 いじめ認定における諸課題 278
3 いじめアンケート調査 283
4 第三者委員会の課題 284
5 いじめ自殺統計の問題点 293
6 いじめ問題と校内暴力 294
7 いじめの内容 296 
8 指導死 298
9 いじめの開示 302
10 自殺意識調査 305

第七章 自死を思い止(とど)まるために
1 行動化と言語化 308
2 長崎「生と死のイメージ」に関する意識調査 313
3 飛び降り自殺 315
4 鉄道自殺 316
5 縊首自殺 318
6 死後の世界 319
7 突然、子どもに先立たれた親の悲しみ 322
8 絶対に死んではならないという教育 323

エピローグ 327
あとがき 344
参考文献一覧 347

著者

竹中 力

 昭和24年、柳川市にて出生。伝習館高校卒業。大学で
少年非行学を専攻。福岡県に就職。児童自立支援施設、児
童相談所等で指導員、児童福祉司、施設長、相談所長など
の職に従事。退職後、国の九州地方更生保護委員会の委
員に就任し、九州管内の刑務所服役者、少年院入所者等
の仮釈放、仮退院審査に従事。退官後、スクールソーシャ
ルワーカー、家庭裁判所家事調停員、短大非常勤講師等
の業務の傍ら保護司として更生保護に従事し、10年。信
条:子どもファースト 趣味:新聞の切り抜き(非行、虐待、
いじめ・自殺、子どもの事故、子どもを狙った犯罪などス
クラップブック70冊) 特技:料理。手料理で、昔の仕事
仲間を集めて酒宴を催すこと。