書籍

絵本・児童よみもの既刊
発行日▼50音順▲
 (74件中) 11〜20件目
麦の穂との約束

1945年6月19日の「福岡大空襲」は、福岡市の3分の1の家屋が罹災し、死者1000人を超えるという大惨事になりました。そして同夜、福岡市を空襲した編隊の1機が飛来し、背振山の山裾に位置する糸島郡雷山村に焼夷弾を落としたことで、8人の方が犠牲になりました。平和のために語り継ぐ戦争紙芝居。

  • 紙芝居。386×268ミリ、12場面
  • 978-4-88344-189-1
  • 定価:本体価格1500円+税
  • 2010/08/15発行
ムーン かぎ猫 ネコ 石風社 おぎのいずみ 児童書 荻野泉 いのうえしんぢ 小学生 歴史 開発
booktitle
ムーンとぼくのふしぎな夏
zeikomi
¥0円
ムーンとぼくのふしぎな夏

かぎ猫ムーンとヒロシの時間をこえた大冒険。石棺のむこうは戦場! 古代伊都国の王位継承戦争が、現代のゴルフ場建設でゆれる糸島と、石棺のタイムトンネルで結ばれる!(児童書/小学校中学年から)

書評

選定図書から

全国学校図書館協議会報(Z)

 月光の下、ヒロシの前に白ネコが現れた。神秘的な緑の目とカギしっぽを持つこのネコを、ヒロシはムーンと名づけた。
 夏休みのある夜のこと、ヒロシはムーンに導かれて近所の花の隈古墳へ足を踏み入れる。古墳の石室はなんと古代の世界・伊都国へと通じていたのだ。そこでヒロシは王の娘カスナと出会い、王のしるしのまが玉をカスナの手に返すことを約束してしまう。こうしてヒロシとムーンの時間をこえた冒険が始まった。
 はるか古代の戦乱に巻き込まれとまどうヒロシは、一方、現実の世界では父母との確執やゴルフ場建設による古墳の取り壊し計画でさらに悩みは混乱するばかり。
 いわゆる現代っ子のヒロシは美少女を救い出す正義の味方と呼ぶには頼りない。だが、ヒロシが周囲の人たちの勇気や行動力に励まされ、少しずつ自力で試練に立ち向かう姿はかえって読者には身近で共感できる。1つの困難を乗り越えた後、力強い目で先を見つめるヒロシがさわやかである。

  • A5判197頁
  • 4-88344-012-5
  • 定価:本体価格1500円+税
  • 1996/07/07発行
水の話 水 黒田征太郎 近藤等則 絵本 歴史 地球 石風社 トランぺッター
booktitle
水の話
zeikomi
¥0円
水の話

いのちは全てつながっている──。水は宇宙からやってきた。そして地球上の全ての生命は水から生まれた。地球という小さな星がもっとハッピーな星になるよう……。「地球を吹く」トランぺッター近藤等則と黒田征太郎のコラボ絵本

  • A4判上製 33頁
  • 978-4-88344-213-3
  • 定価:本体価格1300円+税
  • 2012/07/07発行
MAGIC CANDY DROP  マジック キャンディ ドロップ 英語版 岩元綾 いわもとあや 松田幸久 石風社 英語
booktitle
MAGIC CANDY DROP
zeikomi
¥0円
MAGIC CANDY DROP

日本で初めて4年生大学を卒業したダウン症の岩元綾さんが、自分の夢とともに子どもたちに贈る冒険絵本。車椅子にのったケンちゃんが、アリの国で大冒険。「女王さまをまもらなきゃ!」

  • 四六判上製25頁カラー
  • 978-4-88344-068-9
  • 定価:本体価格1500円+税
  • 1999/10/30発行
雷山表紙ol_表1
booktitle
ぼくの村にB29がきた
zeikomi
¥0円
ぼくの村にB29がきた

booktitle
ぼくの村にB29がきた
zeikomi
¥0円

一九四五年六月十九日の夜、 福岡市の西にある小さな農村に 一機のB29爆撃機が飛来した おだやかな日々をおくっていたきょうだいがねむる屋根に、焼夷弾の雨がふりそそぎ父母と弟妹を奪いさった ——&# …

  • A4判上製 32頁
  • ISBN978-4-88344-261-4
  • 定価:本体価格1300円+税
  • 2016/02/15発行
ぼくのねじはぼくがまく みずかみかずよ 石風社 長野ヒデ子 岩崎京子 絵本 おはなし 童話
booktitle
ぼくのねじはぼくがまく
zeikomi
¥0円
ぼくのねじはぼくがまく

岩崎京子氏「どれも幼児が体験する日常性ですが、ちょっと視点をずらすと、こうもいきいき新鮮なおはなしになるのですね。みずかみかずよさんの魔法です。みずかみかずよさんは詩も童話も、やさしいわかりやすいことばで書いています。しかし気がつくと、いつのまにかみずかみさんの世界に、私たちはいるのです。」

  • B5判上製83頁
  • 定価:本体価格1000円+税
  • 1986/11/15発行
バーサンスレン・ボロルマー  ぼくのうちはゲル 石風社 絵本 モンゴル ゲル 野間 国際 コンクール グランプリ 長野ヒデ子 遊牧民 宿営地
booktitle
ぼくのうちはゲル
zeikomi
¥0円
ぼくのうちはゲル

モンゴル・遊牧民の四季


「ぼくの さいしょのうちは まあるい かあさんの おなかのなか。このうちは かあさんのやさしさで いっぱい。ぼくが どんどん おおきくなり おなかのなかが きゅうくつになった」そして宿営地のゲルで生まれた男の子ジル。家族や家畜とともに、春夏秋冬と宿営地をめぐる、モンゴル遊牧民の四季と生活の絵本。野間国際絵本原画コンクール・グランプリ受賞作。

書評

さながら民族博物館で本物を見ているよう

平井妙子

 モンゴル遊牧民の男の子ジルの最初のうちは、まあるいかあさんのおなか、二番目のうちはとうさんの作ってくれたまあるいゆりかご、三番目のうちもまあるいゲル。このゲルで、四季の土地を巡る遊牧民の暮らしを、ジルの最初の一年間の成長に重ねた絵本である。
 作者ボロルマーは、1982年生まれの若い女性。モンゴル美術大学を卒業しウランバートル在住。十代から数多くの児童書・教科書に挿絵を描き、高く評価され、日本では04年に『モンゴルの黒い髪』で注目をあびた。なるほど、絵が素晴らしい。ゲルの中の様子、家具、生活雑具、民族衣装、髪型、そして家畜との暮らし等、頁をめくる毎に、さながら民族博物館で本物を見ている様な錯覚に陥る程、細かく丹念に描いてあり、圧巻といえる。
 さて、ジルの四番目のうちは、見渡す限りまあるく広がる大草原である大地。作者のモンゴルの文化や自然と共にある生活に対する愛情が画面から溢れる一冊。

  • 32頁 A4判上製
  • 4-88344-134-2
  • 定価:本体価格1500円+税
  • 2006/04/30発行
ぼくがすて犬になった日 おおうらすみよ みついただし だんのそのこ 石風社 絵本 すて犬 捨て犬 動物愛護
booktitle
ぼくがすて犬になった日
zeikomi
¥0円
ぼくがすて犬になった日

すて犬の気持ちがわかる絵本


もし、すて犬になったら、どんな気持ちがするだろう。「ほんとうは、死ぬまでいっしょにいたかった」──。きょうはたんじょうび。おとうさんに子犬をたのんだたっちゃん。ペット屋さんにいくと思っていたら……。捨てないで! すて犬の気持ちがわかる絵本。

  • 25頁 B5判上製カラー
  • 978-4-88344-167-9
  • 定価:本体価格1400円+税
  • 2008/09/20発行
ぼくおうちにかえりたい

「ぼく、おうちにかえりたくなったんですけど」。ペンギンぼうやの言葉に、園長先生はこまってしまいました。はゆかまさのりワールド絵本。

  • A5判変型上製32頁カラー
  • 定価:本体価格1000円+税
  • 1991/12/25発行
blumka
booktitle
ブルムカの日記
zeikomi
¥0円
ブルムカの日記

【コルチャック先生と12人の子どもたち】医師で孤児院の院長ヤヌシュ・コルチャック先生は、ナチス・ドイツの占領下のポーランドで子どもたちの教育に心血をそそいでいました。絶滅収容所に送られる前の子どもたちとの日常を、心にしみる絵と文で描いた絵本。──「やがて戦争がやってきました。その戦争はブルムカの日記も奪ってしまいました。それでは、どうして日記に書いてあったことがわかるのでしょう?」【ホワイト・レイブンス賞(ミュンヘン国際児童図書館)受賞】

  • A4判変型上製 65頁 カラー
  • 978-4-88344-219-5
  • 定価:本体価格2500円+税
  • 2012/11/22発行
 (74件中) 11〜20件目