書評

ダラエ・ヌールへの道

ダラエ・ヌールへの道 中村哲 ペシャワール 中村 哲 ダラエ アフガニスタン 石風社 アフガン らい イスラム ハンセン病 NGO 国際化
323頁 四六判上製
978-4-88344-051-1
定価:本体価格2000円+税
1993/11発行
booktitle
ダラエ・ヌールへの道
zeikomi
¥0円


アフガン難民とともに

booktitle
ダラエ・ヌールへの道
zeikomi
¥0円

アフガニスタンの山岳地帯の村々に診療所建設を展開するひとりの日本人医師が、現地との軋轢、日本人ボランティアの挫折、自らの内面の検証等、血の噴き出す苦闘を通してニッポンとは何か、「国際化」とは何かを根底的に問い直す渾身のメッセージ

書評

一知半解の事情通に対する痛烈な批判

山内昌之
東京大学教授、歴史学

「アフガニスタン──それは光と影です」
 一九八四年以来、アフガン難民の医療に従事する筆者の指摘には、ずっしりとした重みがある。前著の『ペシャワールにて』に続く、アフガニスタンやパキスタン現地の人との交友と診察の貴重な記録である。最新のアフガニスタン情勢の紹介にもなっている。
 欧米や日本から来た論客やボランティアのなかには、アフガン人の難民キャンプ生活を見て、「イスラムの後進性」や「男による女性虐待に金切り声を上げる」者が多いという。こうした外国人の解釈や異文化論こそ、アフガン人の言動より「さらに解らない」というのが著者の感想である。これは、一知半解の事情通に対する痛烈な批判になっている。
「日本︱アフガン医療サービス」の主宰者であり、アフガン国内ダラエ・ヌールにつくった新診療所で文字通り生命を賭して診療を続ける中村氏には、とくにアフガン社会の解放とか救済といった気負いはない。むしろ、戦火の恐怖で言語も失った人びとの病を癒し、高熱と全身の痛みで耐えられなくなった患者に少しでも「人間」としての誇りを取り戻させる。
 中村医師の医療活動の信念は明快である。「べたべたと優しくするよりも、泣き叫びを放置して思い切り心の膿を出させる方がよい。事実と結果が最も雄弁である」。
 しかし、こうした考えは時にスタッフに大きな忍耐力を強いる。ある外国人がやってきて、「病棟の無秩序と悲惨な女性患者の境遇」を嘆いたそうである。
 しかし、中村氏は「即座にその意味が分からなかった」という。それは、「瀕死の野良犬が人間に立ち直るのを大きな希望で見てきたからである」。それでも、せっかく治癒したこのハンセン氏病患者が気管切開をして失語状態になってしまう。極限状態を経験するのは患者だけではないのだ。
 各種の会議にありがちは「無駄口と議論」への嫌悪と出席拒否も、著者ほどの体験を重ねるとまるで自然な振る舞いに思えてくる。
 どんなにつらい環境にあっても、ユーモアや余裕を忘れない中村氏の姿が随所に見いだされる。アフガン難民の治療にあたる日本人医師やレントゲン技師があまりといえばあまりの現地民の対応に怒りはじめると、唐の高僧・玄奘が仏典を求めてペシャワールあたりに来た時の言辞をさりげなく紹介する。「この地は人情が頗る悪い」と『大唐西域記』が記録しているというのだ。高僧でさえこの調子だから、「偉くもない我々凡人が簡単に解るものではない」。
仏教でいう「悪智」に陥らず、観念の格闘で終わらないようにしよう、という中村医師の勧めは、広くわれわれにもあてはまる素晴らしい警句ではないか。
 それでも、「率直さ」だけは忘れないようにしたい、というのも著者らしい。玄奘も「悪智」こそもたなかったが、率直に悪口を末代まで記している、という指摘には思わず喝采を送りたくなる。クリスマスの日、ペシャワールに出た医師は患者五〇人に「見たこともない高級の洋菓子」を土産に買って帰る。一週間の食事代にもなるケーキを暖かいストーブの側で食べながら、談笑する光景は感動的である。久しぶりに笑顔が戻った患者を温顔で見守る中村氏のシルエットが、ストーブの明かりに照らされて浮かぶようである。

目次紹介- 抜粋 -

序章 よみがえる渓谷の村
1 JAMS発足をめぐって
2 JAMSの人間模様
3 ダラエ・ヌールへの道
4 アフガニスタンに診療所開設
5 患者たちの光と影
6 「国際貢献論」台頭の中で
7 流竄録
8 JAMSの試練
終章 渓谷の村で

中村哲

なかむら・てつ

booktitle
中村哲
zeikomi
¥0円
なかむら・てつ

ペシャワール会現地代表、PMS(ペシャワール会医療サービス)総院長。
1946年福岡市生まれ。九州大学医学部卒業。
国内の診療所勤務を経て、1984年パキスタン北西辺境州の州都ペシャワールに赴任。以来ハンセン病コントロール計画を柱にした、アフガン難民の診療に携わる。1986年からはアフガン難民のための事業を開始、現在アフガン北東山岳部に診療所を設立、診療にあたっている。98年には基地病院PMS(70床)をペシャワールに建設。また病院・診療所で患者を待つだけでなく、パキスタン北部山岳地帯の診療所を拠点に巡回診療も行っている。
2001年以降は、アフガニスタンを襲った大旱魃対策のための水源確保事業(井戸掘り・カレーズの復旧。作業地1500ヶ所以上)を実践。
2001年10月には「アフガンいのちの基金」を設立、空爆下国内避難民への食糧配給事業を実践。さらに2002年からアフガン東部山村での長期的復興計画「緑の大地計画」を継続、2003年春からはその一環として全長30キロに及ぶ灌漑用水路計画に着手。年間診療数約8万人(2007年度)。
■著書『ペシャワールにて』『医は国境を越えて』『辺境で診る辺境から見る』『医者井戸を掘る』『空爆と「復興」』『丸腰のボランティア』『医者、用水路を拓く』(以上石風社)、『ほんとうのアフガニスタン』(光文社)、『アフガニスタンの診療所から』(筑摩書房)、『人は愛するに足り、真心は信ずるに足る』(澤地久枝氏との共著・岩波書店)など。