黒い石灰にモヤモヤする。(承前)

我らお石灰探偵団
藤田洋三
(ふじた・ようぞう)
booktitle
藤田洋三
zeikomi
¥0円
ふじた・ようぞう

1950年大分県生まれ。写真家。
雑誌「左官教室」に「鏝絵通信」を連載。ライフワークとして、全国の土壁、石灰窯、藁塚の撮影と取材を続けている。
著書『近代建築史・ゲニウス・ロキ』(編著、産研出版、1993)、『消え行く左官職人の技・鏝絵』(小学館、1997)、「大分の昆虫」(私家版1994)、『小屋の力』(共著、ワールドフォトプレス、2001)、『鏝絵放浪記』(2001)『藁塚放浪記』(2005)『世間遺産放浪記』(2007、ともに石風社)がある。

◉トークやります〜「藤田洋三の出前講座」講演先募集中!

これまで、藤田洋三氏は長年ライフワークとして追いつづけてきた鏝絵(こてえ)の話を始め、左官職人の話、道具の話、素材の話、建築の話などなど、さまざまなテーマでお話しをしてきました。
また近年では、地域と風土の魅力を再発見するために集った各地の自治体やグループなどからの依頼も増えています。
講演をご希望の方は、仲介をいたしますので、石風社(電話 092-714-4838/メールstone@sekifusha.com)までご連絡ください。

◉大分を始め、地域の歴史を語る写真ほか膨大なアーカイブがあります

藤田洋三氏の写真事務所では地元大分を中心に、これまで誰も興味をもたなかったような独特のテーマでたくさんの写真を撮影・所蔵しています。
たとえば・・・・
 1)全国の鏝絵
 2)地元大分・別府の近代建築群
 3)全国の木製アーケード街
 4)九州の昆虫
 5)昭和の雑貨・玩具
などなど。他にもさまざまなテーマがあり、目下整理中です。
こちらも仲介をいたしますので、石風社(電話 092-714-4838/メールstone@sekifusha.com)までご連絡ください。

コラム一覧

booktitle
黒い石灰にモヤモヤする。(承前)
zeikomi
¥0円

 ここ糸魚川で、人類史の何千倍もの時空間で誕生したヒスイについて考えていたら、人類が小さなものに思えてきた。さらにこれを「アルカリ」という視点で眺めたら、大地の記憶ともいえる「ヒスイ」と「石灰」の関係までもが関係がゆるりと見えてくるのではなかろうか。

 さらに、ここで出会った「黒い石灰」の圧倒的な存在感をどうしようもなく消化できないでいたのだが、ちょうどそんなタイミングで、旅の車中でパンク歌手で芥川賞作家の町田康氏がある人へ捧げた追悼文を目にし、そのモヤモヤが、すとんと腑に落ちたのだ。それは次のようなものだった。

「もっとも印象が近いのは、ナスカの地上絵、とか、イースター島のモアイ像とか、飛鳥の酒船石、といった、いったいどういう訳で、どういう目的でここにあるのかまったくわからないのだけども、訳のないまま、というか、訳・理由みたいなものを、その存在によって圧倒し、無効化しつつ存在するもの」。
 石灰の中和的思考から何度もこれを読み返す。

 

黒い石灰石

 

 続いて、糸魚川のジオパークに置かれた石琴を見た。思わず飛騨高山の縄文人から聞かされた幻想的な石琴サウンドを思い出したのだが、演奏していたのは何と機械仕掛けのロボット、かつそれがポップスだったことに驚いた。

 少し音程の外れた石琴は、まるでロシアのレフ・テルミンが発明した世界初の電子楽器にも似て、可能性を秘めているような気がした。

 というのも、ここに来る数日前にも、「クリスタルボール」という人造シリカの楽器が奏でる音世界を体験していたので、ここ糸魚川の巨大な翡翠をくりぬいて「玉楽」を創作すれば、ジオパークの名に相応しい太古ミュージックの演奏会ができると踏んだからだ。

 そんな妄想を同行の町おこしのK君に話したら、

「何ですかそれ! おもしろそう! 翡翠は糸魚川のオンリーワンです」と身を乗り出してきた。

 

盗掘痕の穴が残る翡翠の原石

 

 さて、少し話しは逸れるが、旅先で読んだ沖浦和光著『旅芸人のいた風景』(文春新書)という本に、「まだら模様だった日本」という一節があった。その趣旨を述べると、南北3500キロにわたるこの列島では、維新後の<脱亜入欧>の新しい風潮が波及するのに相当な時間差があった、そして文明開化の先端を行く都市部と、辺地と呼ばれた草深い農山村部とでは、かなり大きな地域差があったので、明治維新から半世紀以上が経過した昭和初期でも、列島の文化は全国的に均質化されたわけではなかった、江戸時代に根がある伝統文化と新しく西洋から導入された近代文化の「まだら模様」だった――というものだ。

 これを読んだ後、様々な価値観が交錯した明治という時代に庶民世界に大変革が訪れた時代のこと、そしてその大変革からとり残されたように各地にひっそりと佇む「世間遺産」たちのことを思った。

 

 世間の営みは民の視線で大地に立ち、人の思いや悲しみが判らないと見えてこないし面白くない。

 さらに大事なのは、バッカだなぁーと思われても、自分が真剣勝負で取り組んでさえいればいいのだということ。そんなものは笑ってすごせばいいのだ。人は笑っている時が楽しいし、きっと笑っている自分が好きだろう。

 そんな笑いも驚きもなく、「なるほど」「フーン」「これ知ってる」ばかりの毎日では面白くないはずだ。

 せっかく生身の人間の知恵と洒落と感動の仲間であふれた俗世間に生まれたのだから。

 

旋律を奏でる「クリスタル・ボウル」!