障害をのりこえて
僕の青春

A5判上製カラー 79頁
978-4-88344-305-5
税込価格880円
2021/06/30発行
紹介

ひとりの青年と
その継母
40年の物語

僕は幼稚園の時、はしかにかかって病院に入院していました。20日間もいしき不明だったそうです。頭のけんさもしてもらいました。ことばがうまく言えなくて病気をしていました。(本文「こどものとき」より)

――――――――――――

 私と昇の暮らしは22年間程でしたが、その間、昇の存在は家族の重荷であり、気苦労が絶えませんでした。とはいえ、私自身「この子が居れへんかったらトットさん(夫・敏睦の愛称)とも結婚してへんかったな〜……神様の思し召しやなー」と幾度か思いました。母は母で昇の面倒をみてくれ、家事も助けてくれました。みんなが彼を憐れに思い、いとおしみ、悩みました。昇は何回も私に「おばあちゃんいつもひとり〜? なんでひとり〜? ともだちいてへんの〜?」と聞いて呉れるのでした。麻疹以前までは親の愛を存分に受け、2歳頃の可愛い弟にも恵まれて育ちましたので、根はとても優しくて賢いお子だったことが考えられました。母の教会での葬儀の時には座席から突然立ち上がり激しく泣きました。本人は又座りましたが、私は一瞬、胸を打たれました。(継母・山根久子「あとがき」より)

目次

山根昇と出会って40年余の歳月――まえがきにかえて

障害をのりこえて――僕の青春  山根 昇
 こどものとき
 中学校の野球部
 桃山養護学校
 僕の本当のお母さん
 初めての仕事
 次の仕事――金紙工場
 新しい家
 ジョギングとマラソン
 山登り――奈良ハイキングクラブ
 今の仕事――ホテルの掃除
 2番目のお母さん
 お父さん

昇の手紙と小さな手帳のメモ  山根久子

障害を越えて――僕の青春 その後  堀内伸起

 あとがき  山根久子

著者

山根昇

やまねのぼる

や――やればできる
ま――まじめにとりくみ
ね――ねついをもって
の――のぞみをいだき
ぼ――ぼくのじんせい
る――るいせきとなれ