書籍

十七歳 生と死をみつめて

十七歳 生と死をみつめて 古賀梅子 石風社 闘病記 心臓病 日記 生と死
263頁 四六判並製
4-88344-090-7
定価:本体価格1500円+税
2003/01/15発行
booktitle
十七歳 生と死をみつめて
zeikomi
¥0円


booktitle
十七歳 生と死をみつめて
zeikomi
¥0円

難病手術の直前までの揺れる心を綴った十七歳の日記。入退院を繰り返すなか、多くの死に直面。明るく健気に自分と向き合い、闘い続けた少女は還ってこなかった。「万が一の場合、私を思ってくれる人々に。私を忘れてほしいと望みます。それが私にとっての一番の友情、愛情と思ってほしい。私は頑張ります。」

目次紹介- 抜粋 -

1 入院
 北病棟一階十八号
 外科病棟の友達
 手術への決心 ほか
2 希望と不安の日々
 成功率は三三パーセント
 友は手術室へ
 元気になってしたいこと
 先生はわかってくれない
 病気とともに ほか
3 明日にかける
 友の退院を祝う
 したいことがたくさんあるから
 母に言い遺す
 大きな声で笑ってみた
 全てをかけて戦う ほか

古賀梅子

こが・うめこ

booktitle
古賀梅子
zeikomi
¥0円
こが・うめこ

昭和23年、熊本県天草郡姫戸町生まれ。
小学校4年の学校検診で心臓疾患が発覚、翌年発病し、八代総合病院、上天草総合病院で入退院を繰り返す。昭和40年、17歳の時に福岡県の久留米大学付属病院に入院。病名・リュウマチ性心臓病(僧帽弁狭窄兼閉鎖不全と三尖弁閉鎖不全)。8ヶ月の病院生活を経て、翌年4月11日、人工弁移植の手術後に亡くなる。享年17歳。