書籍

日本国憲法の平和主義

239
四六版上製220頁
978-4-88344-239-3
定価:本体価格1500円+税
2013/11/03発行
booktitle
日本国憲法の平和主義
zeikomi
¥0円


一法律実務家の視点から

booktitle
日本国憲法の平和主義
zeikomi
¥0円

戦争という武力紛争を、法的論理によって回避することは可能だろうか。法律実務家である弁護士が、日本国憲法の平和条項と東京裁判をもとに、戦争と平和について考えた。

たとえば、戦争犯罪について、その賠償責任を敗戦国のみが一方的に負うことは、法的に正しいのか。

はじめに

目次紹介- 抜粋 -

第一章 日本国憲法の平和主義と国際法上の平和
第二章 国際連合憲章及び各国憲法の平和条項
第三章 「しない平和」と「する平和」
第四章 武力紛争とその解決法の現状
第五章 東京裁判から何を学ぶか

清原雅彦

きよはらまさひこ

booktitle
清原雅彦
zeikomi
¥0円

昭和13年、大連に生まれる

昭和35年、京都大学法学部卒業

昭和42年、弁護士登録(福岡県弁護士会所属)

昭和62年〜平成元年、日弁連理事、福岡県弁護士会副会長

平成6年、司法制度調査会副委員長

平成7年、九州弁護士会連合会理事長

平成8年〜9年、弁護士推薦委員会委員

平成13年〜16年、高齢者障害者の権利に関する委員会委員長

平成17年〜23年、福岡県教育委員会委員長

平成18年〜22年、日本司法支援センター福岡地方事務所北九州支部支部長

北九州交響楽団名誉団長



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA