ぼくのねじはぼくがまく

紹介

岩崎京子氏「どれも幼児が体験する日常性ですが、ちょっと視点をずらすと、こうもいきいき新鮮なおはなしになるのですね。みずかみかずよさんの魔法です。みずかみかずよさんは詩も童話も、やさしいわかりやすいことばで書いています。しかし気がつくと、いつのまにかみずかみさんの世界に、私たちはいるのです。」

目次

1 ぼくのねじはぼくがまく
2 さあ はやく
3 どこかに なく子は いないかな
4 ふとんまきずしは たべられない
5 風の とおせんぼ
6 木も 草も 石も トメさんも
7 よっちゃんは さみしがり
8 ホタルの 道あんない

著者

みずかみかずよ

みずかみ・かずよ
みずかみ・かずよ

1935-1988
福岡県八幡市(現北九州市八幡東区)生まれ。福岡県立八幡中央高校卒業後、兄が経営する私立尾倉幼稚園に勤務。童話、詩の創作を始め、児童文学同人誌「小さい旗」に参加。1958年水上平吉と結婚。
主な作品に、『馬でかければ』『みのむしの行進』『こえがする』『小さな窓から』『うまれたよ』『きんのストロー』『子どもにもらった詩のこころ』『歌集生かされて』『南の島の白い花』『ごめんねキューピー』『ぼくのねじはぼくがまく』など。
1974年、読売新聞社など主催の「愛の詩キャンペーン」に応募した「愛のはじまり」で金賞一席を受賞。81年、夫平吉とともに北九州市市民文化賞を受賞。96年『みずかみかずよ全詩集いのち』で第5回丸山豊記念現代誌賞を受賞。
詩9篇が教科書に採用され、『おぼえておきたい日本の明詩』に「馬でかければ」が掲載されるなど、没後も広く読まれている。

長野ヒデ子

ながの・ひでこ
ながの・ひでこ

長野ヒデ子。1941年愛媛県生まれ。
1976年『とうさんかあさん』(日本の絵本賞受賞)以来、何気ない生活の中から独特の世界を創りだしている絵本作家。
主な絵本にロングセラーの『おかあさんがおかあさんになった日』、『おとうさんがおとうさんになった日』『せとうちたいこさんデパートいきタイ』のせとうちたいこさんシリーズや、『こちょこちょこちょ』、また諫早湾を舞台に『海をあけして!』は話題作(以上童心社)。『狐』『となりのまじょのマジョンナさん』(以上偕成社)、『いのちは見えるよ』(岩崎書店)、『おばけいちねんぶん』(小学館)、『はみがきごっこ』(佼成出版社)など作品多数。また「ネコのたいそう」「おひさまにこにこ」(童心社)等紙芝居作品も多い。エッセイ集『ふしぎとうれしい』(石風社)は著者の作品の舞台裏がたのしく元気が出る。2013年、『演じてみよう つくってみよう 紙芝居』(編著、右手和子、やべみつのり共著、石風社)刊行。
日本児童文学者協会会員、日本児童出版美術家協会会員、JBBY会員、絵本学会会員。鎌倉市在住。

石風社より発行の関連書籍
  • 小さな窓から みずかみかずよ 久冨正美 石風社 椋鳩十 詩集 教科書 詩 児童 教科書

  • 子どもにもらった詩のこころ みずかみかずよ 石風社 働正 詩 エッセイ 愛

  • ごめんねキューピー 石風社 長野ヒデ子 みずかみかずよ キューピー 戦争 孤児 万引き

  • いのち みずかみかずよ全詩集 石風社 みずかみかずよ 水上平吉 生命 詩集 教科書 丸山豊


小さな窓から
子どもにもらった詩のこころ
ごめんねキューピー
いのち